クリスマス制作(こすもす)

昨日に引き続き、年中のクリスマス制作の様子です。

 

幼児たちが手にしている物を見ると、

何を作っていることころか分るでしょうか?

 

年少児の制作と比べると、はさみで切り取るところが

細やかになってきます。

 

その部分も、画用紙を上手に動かしながら切ることができるようになってきています。

 

もうすぐ、完成しそうです。

  

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

クリスマス制作(れんげ)

幼稚園では、毎月、お部屋の壁面に、幼児たちの制作を掲示しています。

 

そこで、毎月中旬頃から壁面の制作や絵を描いたりしています。

 

来月は12月。幼児たちが、楽しみにしている「クリスマス」があります。

 

そこで、どのクラスも「クリスマス」にちなんだ制作を行っています。

 

れんげ組では、画用紙を○や△に切り取っていました。

どんな制作物ができあがるかな?

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

音符の意味(まつ)

各クラスの壁面には

季節を感じられる絵や制作物を掲示しています。

6月に向けて、色紙で傘とアジサイを作り画用紙に貼り付け

その周りに幼児一人一人が思いつくものを描いていました。

「カエル」「かたつむり」を連想する幼児が多かったようです。

 

 

雨粒をたくさん描いて雨の激しさを表したり

雨粒が傘に当たって跳ね返るところを細かく描写したりする幼児もいました。

そんな中に、傘の周りに音符を描いている幼児がいました。

その表情はとても楽しそうです。

「どうして音符を描いているの?」と尋ねたところ

「これは雨の音だよ!」と答えが返ってきました。

「なるほど!」とうなずくと同時に幼児の感性の素晴らしさを感じました!

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

真剣な眼差し(れんげ&たんぽぽ)

年少児が床に座り

真剣にあるものを見ています。

カードを見て、言葉を覚えているところです。

真剣な眼差しで少しずつ、言葉を覚えています。

 

また、来月には「父の日」があります。

大好きなお父さんへ、幼稚園で制作する初めてのプレゼントを作っています!

こちらも、喜んでもらおうと真剣な眼差しで作っていました!

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆