園外保育(たんぽぽ・れんげ・すずらん)

昨日は雨が降り、

「あしたは、こうえんにいけるかな…」

と心配していた幼児たち。

 

昨夜も小雨が降っていたので、朝、公園の様子を確認すると…

水滴がついて、濡れている遊具があったので雑巾で拭き取れば

十分遊べそうでした。

 

快晴というわけにはいきませんでしたが

園外保育に行くことができました。

幼稚園にはない、木の実を拾ったり

遊具を使って、元気よく遊ぶことができました!

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

園外保育(つくし・すみれ)

今日から6月。

衣替えとなり、半袖に白い帽子を被っての登園となりました。

年少児も今日から制服での登園が始まりました。

 

しかし、つくし組、すみれ組の幼児たちは、園外保育のため、今日までが体操服での登園でした。

 

松山も梅雨入りしましたが、梅雨を感じさせない天候に恵まれ

杖ノ淵公園に園外保育に行ってきました。

杖ノ淵公園のある辺りは「ていれぎの里」とも呼ばれます。

水がとてもキレイで、水路を流れる水に手をつけてみると

「きもちい~!」という声が聞こえてきました。

公園の中では、遊具で遊んだり

幼稚園から持参した砂場道具セットで遊んだりしました。

また、杖ノ淵公園では、南吉井小学校の3年生も遠足で訪れていて

偶然にも卒園生にも会うことができました!

 

来週は、たんぽぽ組、れんげ組、すずらん組の幼児が園外保育です!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

走る!走る!(年少)

年少児は、サーキット遊びに加えて

「かけっこ」も始めています。

「かけっこ」と言っても走るだけではありません。

 

順番に並ぶ

スタートラインに立つ

合図でスタートとする決められたコースを走る

ゴールしたら自分のクラスの場所に帰って座る

 

これらのことをする必要もあります。

繰り返し練習することでしっかりとできるようになっています。

 

また、運動会で行う団体競技も各クラスで練習を始めています。

 

2人1組で行い

大きなバトンを順番に引き継いでいく競技となります。

 

「きゃ~」といいながら楽しそうに取り組んでいました!

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

真剣な眼差し(れんげ&たんぽぽ)

年少児が床に座り

真剣にあるものを見ています。

カードを見て、言葉を覚えているところです。

真剣な眼差しで少しずつ、言葉を覚えています。

 

また、来月には「父の日」があります。

大好きなお父さんへ、幼稚園で制作する初めてのプレゼントを作っています!

こちらも、喜んでもらおうと真剣な眼差しで作っていました!

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

サーキット遊び(すずらん)

一日保育が始まり、年少児は体操服登園をしています。

 

準備をすることに時間がかかったり

トイレに行くために制服を脱ぐのが間に合わなかったりすることもあり

しばらく続けていく予定です。

 

年少児は、体育館でサーキット遊びをしています。

平均台を歩いたり、トランポリンでジャンプしたり、島をジャンプして渡ったり、鉄棒にぶら下がったり

たくさん体を動かし、体を動かす遊びが好きになってほしいと思います。

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

ボールあてゲーム(すずらん)

3学期に入り、どのクラスもルールのある遊びを楽しむ姿が見られます。

 

すずらん組は、体育館でボールあてゲームをして遊びました。

ゲームの説明を聞いて、スタート!

仲の良い友達と手をつないで逃げる幼児もいれば、一人で逃げ回る幼児もいます。

ボールに当たった友達を見て、じっとしているとボールに当たりやすいことに気付き

「てをはなして!」

「バラバラになって!」と応援しながら教えている姿が見られました。

ゲームを通して、友達との仲が深まることはもちろん、「どうしたらいいのか」と考えながら楽しんでいました。

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

お散歩(たんぽぽ)

立春を迎えましたが、まだまだ寒い日が続いています。

幼稚園から見える山々も、先週よりも白くなっているようでした。

そんな中でも、寒さに負けず元気に過ごしています。

たんぽぽ組の幼児たちは、幼稚園の周りを散歩しました!

以前散歩したときは秋だったので、田んぼには稲穂🌾が実って黄金に輝いていましたが

今の時期の田んぼには土しかなく、ここからも季節の違いを感じているようでした。

また、畑には、今が旬の柑橘やイチゴ🍓を発見!

幼児たちは、嬉しそうにお友達と話をしていました!

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

側転(年少)

年少児は、側転の練習を始めました。

はじめに段差のあるマットに手をついて跳び越えることから始めます。

「足をチョキ」にしてから壁逆立ちをする練習をしてきました。

どちらの足を前に出すかで、側転の時の手のつき方も変わってくるからです。

左足を前に出す幼児

右足を前に出す幼児

足の出し方、手のつき方で戸惑う幼児もいるので、

自分が左右のどちらの足を前に出すのかを覚えられるようにしています。

 

しっかりと手をつくことによって、床をける力がつたわり

高く跳び越えれるようになります。

いつも読んでいいただき、ありがとうございます☆

 

砂場遊び(れんげ)

今日から12月。

少しずつ気温が低くなってきています。

そんな中でも幼児たちは、お天気が良ければ

寒さに負けず戸外に出て、元気に遊んでいます。

れんげ組の幼児は、お弁当を食べてから砂場遊びをしました。

入園当初は、個々で好きな遊びを楽しむ姿が見られました。

今では、気の合う友達と一緒に山やトンネルを作ったり

お店屋さんごっこをしたりして遊ぶ姿が見られます。

そして、その中で役割を決めて遊ぶなど

幼児なりに考えて遊びを発展させています。

2学期も残り少しですが、たくさんの友達と遊んで

さらに仲を深めていってほしいと思います。

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

クリスマス制作(年少)

11月も残すところ1週間となりました。

幼児たちは、12月に壁面に飾る制作を行っています。

 

12月といえば、「クリスマス」です。

11月に入ると、いろいろなところでクリスマス飾りを見かけることも多く

幼児たちもイメージしやすいようでした。

れんげ組では、絵の具を使って手形スタンプをして、

それを角に見立てたトナカイを作っていました。

つくし・たんぽぽ・あやめ組は輪つなぎやリースを作ったり

すみれ・すずらん組はサンタクロースを作ったりしています。

とてもかわいい作品ができあがりました。

ご家庭に持ち帰った時には、クリスマス飾りとして飾ってみてください!

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆