ハロウィン🎃(うさぎ・ぱんだ)

「ハロウィンってわかるかな?」と幼児たちに尋ねると

 

「ハロウィンパーティーしたことある!」

「おばけ~」など、元気よくこたえてくれました。

 

うさぎ組とぱんだ組が一緒に「ハロウィンバーティー」をしました。

 

教師と一緒に手遊びしたり、絵本の読み聞かせを真剣に聞いたり

幼児たちは興味津々です。

そして、影絵をつかった劇をしました。

 

暗くなることで怖がる幼児もいましたが、最後まで真剣に見ていました。

 

 

「トリック・オア・トリート」と一人ずつ言って

どんぐりのキャンディーをもらい

ハロウィンパーティーが終わりました。

 

 

終わった後は、「たのしかった~」と幼児たちの笑顔が見られました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

給食の時間(うさぎ)

「きょうは、デザートがないね」

「きょうは、コロッケがある!」

給食の入れ物のふたを開けると、幼児たちが思い思いに話を始めます。

 

コロッケを食べて

「何が入っているかな?」と幼児たちに尋ねると

「かぼちゃ!」とすぐに答える幼児もいて驚きました。

 

「かぼちゃ」と聞くと

「ハロウィンがもうすぐだね!」という幼児もいました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

大きな栗の木の下で(うさぎ)

「うさぎ組さん、立ちましょう」と呼びかけると

「はい!」と大きな声で返事をして立ちあがり、気をつけをする幼児が増えてきました。

 

「はーーーい」と返事を伸ばしたり

いつまでも友達と話したりしていましたが

「こうした方がかっこいいよ」と伝え続けてきました。

 

これからも、大切なことは幼児に分かりやすく伝え続けていきます。

 

今の時期に歌う歌の1つに「大きな栗の木の下で」があります。

普通に歌うだけでなく、ピアノの高音や低音を使って

「ちいさなくりのきのしたで」と歌ったり

もっと大きな動きをつけて歌ったり

曲をアレンジして幼児が楽しめるような工夫もしています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

きのこ(うさぎ)

うさぎ組では、「きのこ」の制作をしました。

 

「きのこ」をホワイトボードに描くと

「きのこしってる!」「たべたことある」と

幼児たちから声が上がりました。

 

今日は、まだ模様のない「きのこ」にシールを貼っていきました。

 

シールを配っていくと…

みんなが手にするまで待っている幼児

待ちきれなくてすぐに貼り始めてしまう幼児と

様々でした。

 

どんなきのこができあがったかな?

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

お絵描き(うさぎ)

「これ、くるまににてる」

 

 

ちぎった折り紙を貼りつけた画用紙を見て、ある幼児がつぶやいていました。

 

 

折り紙を貼りつけた画用紙に、絵を描きました。

 

 

折り紙を、同じ色で塗る幼児もいれば、

折り紙を動物の体の一部にして絵を描く幼児もいました。

 

 

一人ひとりが、それぞれに考えて、自由に絵を描くことができました。

野菜スタンプ(うさぎ)

幼児たちは、給食やお弁当に野菜が入っているので、野菜の名前を知っているものもあります。

しかし、食べるのは苦手…という幼児も多いです。

 

そこで、料理をする前の野菜を見たり、触れてり、臭いをかいだりして

野菜に親しみを持ってほしいと思い、

野菜を切って、絵の具をつけて「野菜スタンプ」をしました。

 

最初に切った野菜を見せると…「ピーマン!」とすぐに答えてくれました。

「これは?」と順々に見せていくと、見慣れない野菜もあったようで

答えるのに悩んでいる幼児もいました。

 

絵の具をつけてスタンプをしてみると

「なんかいいにおいがする」

「●●でおしてみたい」など

いろいろな野菜に触れてみたいようでした。

 

いろいろな野菜に触れた幼児たち。

給食やお弁当の時に、今日のことを思い出し、

苦手なものも少しでも口にしてくれたらうれしく思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

のぼれたよ!

梅雨の季節は、お天気の日は、とても貴重です。

 

うさぎ組の幼児は、戸外遊びをしています。

 

屋外にある遊具では、階段をのぼって滑り台を滑ることができます。

階段以外に、もう一つ。

ボルタリングを登ることでもたどり着くことができます。

「せんせいのぼれたよ!」とうれしそうに伝えてくれました。

 

「いっしょにすべりだいしよう!」

先に上っていた幼児が遊びに誘う姿も見れます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

「かして」「いいよ」

うさぎ組の幼児たちは、積み木やブロックで遊ぶのが大好きです。

 

積木を高く積み上げたり

丸や四角の形のブロックを使って、お家やパトカーなどを作ったりしています。

 

 

みんなで遊んでいると、同じものを使いたくなる時があります。

 

「みんなで協力して一緒に遊ぶ」より

「自分の思いを出して遊ぶ」ということが満3歳児では、まだまだ多いです。

 

「とった」「とられた」ということもあります。

 

 

そんな時には、先生が間に入り

「かして」「いいよ」「じゅんばんこね」など

貸し借りをする大切さを伝えています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

好奇心

うさぎ組の幼児たちは、好奇心が旺盛です。

 

戸外を散歩しようと玄関から出ると…

「あっ、ミミズだ!」とある幼児がミミズを見つけました。

 

すると、みんなが駆け寄り

「ほんとだ~」とその場にしゃがみこんで

じっ~と観ていました。

 

「さわれるよ!」という幼児もいれば

「きもちわるい~」という幼児もいました。

 

しばらくすると、

「ほかにもいないかな~」と運動場の中の散策が始まりました。

 

「かたつむり🐌がいないかな」

「かえる🐸がいないかな」とあちこち探し回っていました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

おさかな制作

うさぎ組は、今週は「さかな制作」をしました。

 

自分のさかなに、好きな模様を書き入れていきました。

 

何色で描こうか、どんな模様にしようか…それぞれが考えながら描きました。

 

絵を描いている時には、ニコニコ笑顔で友達や先生に

「こうしたよ」

「きれいでしょう」

と楽しそうにしていました。

 

描き終わると、青色のスズランテープで作った海の中に

自分の描いた魚を泳がせて遊びました!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆