ジャック・オー・ランタンを作ったよ(こすもす・ゆり)

10月31日は『ハロウィン』があります。

 

ハロウィンは、

美味しい食べ物の収穫を祈る祭りであり

仮装をして悪い霊を追い払う祭りでもあります。

 

こすもす組では、ハロウィンに向けて

コツコツと準備をしています。

 

まずは、かぼちゃのお面から。

みんな悪いおばけ👻を追い払うために

目を何個も描いて怖くしたり

ほっぺたを描いてかわいくしたり

一人一人、違ったお面ができています。

 

ゆり組は、ジャック・オー・ランタンを作りました。

年少の時には、難しかった複雑な線も徐々に切れるようになってきました。

 

かぼちゃの”モコモコ”の所を上手に切って、

それぞれいろいろな顔のジャック・オー・ランタンができました。

 

賑やかなハロウィンの飾りになりそうです。

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 10名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

気持ちを一つに(もも・こすもす・すみれ)

運動会では、男女のリレーが終わると、クラスごとに円陣になります。

 

気持ちを一つにして、最後の種目体操の演技に入ります。

 

お家の人に見てもらいたいと言っていた

「がんばっている姿」「真剣な顔」「難しい技」を

意識して練習しています。

 

毎日の積み重ねで、一人一人自信をつけているなと感じました。

 

クラスのみんなで「絶対できる!」と挑戦したことで

2学期に入って3週間ですが、ぐっと成長しています。

 

運動会で、どのような姿を見せてくれるのか楽しみです!

すみれ組の幼児たちが、先生の話を真剣に聞いています。

 

その視線の先にあるのは…

優勝カップです。

 

団体競技「ポールっちょ(ポール運び)」で1位になるともらえることを伝えました。

 

「ほしいね!」「すごい!」と目をキラキラさせてトロフィー🏆に視線がくぎ付けになっていました。

 

「みんなでがんばって、1位になる人?」と声を掛けると

「はーい!」と元気な声が返ってきました。

 

運動会本番は、気持ちを一つにしてがんばります!

こすもす組は、大玉転がしの練習をしました。

 

一等になるといただける「優勝カップ」を実際に目にして、一層気持ちの高鳴りが感じられました。

 

練習を重ねるにつれ、出番を待つ幼児が手を伸ばして準備したり

どうすれば速く進めるかをペアの友達と考えたりして、上手になっています。

 

今日は急ぎ過ぎてボールに乗りかかってしまったり

折り返し点を行き過ぎてしまったりするハプニングもありました。

 

力が入り過ぎるのは、本気になっているということです。

 

何があってもがんばる幼児の姿は素晴らしいです。

本日は、体調不良による欠席 6名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

人気のある場所は(もも・こすもす・すみれ)

年長児は、運動会でかけっこ、団体競技、リレー、組体操の競技があります。

 

 

どの競技も並び順が異なり、それぞれの並び順を覚えなければなりません。

 

 

どこに並べばよいのか迷うう幼児もいるので、

落ち着いた雰囲気の中で、前後の友達は誰なのかを確認することで

今では、素早く並べるようになりました。

 

 

もも組はかけっこでは、

「すぐ近くにいる友達よりはやくいく気持ちで走るんだよ」

「順位を言われるまでは、スピードをゆるめないようにね」と

いくつか作戦を立てました。

 

 

すると、順位が上がったり、走るのが速くなる幼児がいて、うれしそうでした。

 

 

ただ、何かをするだけじゃなく

目的や意識できるような一言が大切だなと改めて感じました。

 

園舎の中で、こすもす組のい1番の人気場所は…

 

 

2階トイレの上にある遊び場です。

 

 

まるで、秘密基地のようになっていて、迷路としても遊べます。

 

 

「もういいか~い!」

「もういいよ~!!」と

かくれんぼをして遊ぶ幼児もいました。

 

 

2階からは1階のホールの様子がよく見えます。

 

体操の練習をしている年長児がよく見え、刺激を受けて、真似をしている幼児もいました。

 

すみれ組は、体操で壁逆立ちの練習をしています。

 

繰り返し練習したことで、『山登り』の体制でいられる時間が長くなってきました。

 

自分の体を支える力がついてきています。

また、『かえるジャンプ』では、ジャンプをしてお尻を高い位置まで上げられるようになってきました。

 

『かえるジャンプ』は壁逆立ちだけでなく、

側転、逆立ち歩きにもつながっていきます。

 

たくさん走って足の力をつけ、『山登り』で腕の力をつけ

壁逆立ちが上手にできるよう、練習を積み重ねていきます。

本日の欠席は、体調不良による欠席 10名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

思いやり(こすもす・すみれ)

こすもす組には、9月から新しいお友達が入園してきました。

 

とても明るく優しい幼児で、クラスのみんなと打ち解けて人気者です。

 

こすもす組の幼児は、新しいお友達が入園してくることを、とても楽しみにしていました。

 

当日は、部屋の入口で出迎えて

「こうやってするよ!」

「いっしょに、ごはんをたべよう!」と

教えてあげたり、誘ったりする姿が見られましたs。

 

新しい友達が入園したことで、

思いやりの気持ちが育っていることを感じることができました。

 

年少児は、運動会の団体競技で『ポール運び』をします。

 

大きなポールを二人で持って走り、次の人につないでいきます。

 

今日は、すみれ組の幼児が練習をしました。

 

「大きな棒」に興味津々だった幼児たち。

 

自分のクラスカラーの目印(ペンギン🐧)に向かって走り折り返してくること

前の人がスタートしたら座ったまま少しずつ移動すること

次の人に渡したら、すぐに移動することなど

気をつけることがたくさんあります。

 

ポールを持っている時には、一緒に走るお友達とスピードを合わせ

ポールを渡すときには、次に走る人が走りやすいように、すぐに移動し

ポールを受け取る時には、渡しやすいように手を広げて待っておく

 

相手のことを考えながらする競技でもあります。

 

「ワニさんのお口だよ!」と伝えると

早速両手を広げて確認し合う姿が見られました。

本日の欠席は、体調不良による欠席 1名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

おおきくなったかな?

すみれ組は、月に一度の身体測定をしました。

 

先月までは教室で行っていましたが、

今月からは測定場所に移動して行いました。

 

移動するときには、並んで移動します。

教室からホールに移動するとき、戸外で歩くときなど

毎日のように並ぶ機会があります。

順番も覚え、自分たちで並べるようになりました。

 

また、並んで歩く時にも、前のお友達を抜いて歩くことも少なくなりました。

 

身体測定では

身長が伸び、体重が増えていることを伝えると

「やった~!ごはんをいっぱいたべたけん、おおきくなっとる!」

「おやさいたべたもんね!」と喜んでいる幼児がたくさんいました!

たけ組には、『カブトムシ』がいます。

先日、クラスの幼児がカブトムシを3匹持ってきてくれました。

 

絵本で見たことはあっても、女児の中には

「にがて…」という幼児もいました。

 

しかし、餌をあげたり、水をあげたりしていると

その様子をのぞき込む姿が見られました。

 

かごの中からカブトムシを出してみると触ることは難しくても

興味津々で見ていました。

 

そこで、かごに戻して観察すると

「つのがうごいた!」

「とまってねているのかな?」と

気づきがあったようでした。

着替えや活動の準備など、時間を気にして行動できるように

タイマーを使って目標時間を決めることがあります。

 

幼児たちは、ゲーム感覚でがんばろうとする姿が見られるようになりました。

 

みんなが目標時間までにできた時には

ホールで遊んだり、ゲームをしたりしています。

 

こすもす組では、『宝探し』をしました。

先生が、教室の中にメダルを隠します。

 

宝探しの約束は

「見つけた人がもらうこと」

「泣かないこと」です。

 

「どこにあるの?」

「ほしいんだけどな~」と

先生に尋ねる幼児もいます。

 

みんなキラキラ✨のメダルを目指して、スタートです!

 

「あった!」と見つけると満面の笑み!!

今日は、11個のメダルがありましたが、

10分ですべて見つかりました!

本日は、体調不良による欠席 4名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

かんがえてみたよ!

年長児は、鍵盤ハーモニカを練習する時間に

音符を読んだり、リズム打ちをしたりしています。

 

さくら組では

「今日は、このリズムをたたくよ!」と伝えると

「8ぶおんぷ だから ”タ”」

「これは4ぶおんぷだ!」など言いながら

自分たちで音符を読んで、どんなリズムなのか考えています。

 

ある幼児が

「せんせいみたいに、りずむをかんがえてみたよ!」

と紙に音符を書いて持ってきていました。

 

幼児の考えたリズムをみんなで叩いてみると、うれしそうにしていました。

 

「こんど ぼくもかんがえてくる!」

という幼児もたくさんいました。

 

音符や楽譜に興味をもつ幼児が増えて、うれしく思います。

年少児は、鉛筆の持ち方を身に付けたり、筆圧を強くしたりするために

クレヨンやマーカー、鉛筆で塗り絵をしてきました。

 

すみれ組では、鉛筆で点と点を結んで線を書くことに挑戦しました。

 

あらかじめ印刷されている点線の上をなぞることは難しかったようで

グネグネした線になったり、色を塗ったりする幼児もいまいした。

 

まだまだ、鉛筆を持つ力が弱くて、線を書くこともたどたどしいですが

これからも練習を積み重ねていきます。

 

こすもす組では、昨日から新聞遊びのために新聞をちぎり準備万端!

 

「あした、しんぶんプールするの?」

と何回も尋ねてきて、楽しみにしていることを感じました。

 

床に寝ころび、

「3 2 1 はっしゃ」と新聞を散らすと

「きゃ~!!!」と大興奮。

 

新聞を何回も何回も集めて、

落ち葉のシャワーのように散らしたり、寝転んでお布団にしたりして遊びました。

 

ちぎった新聞の形を、食べ物にみたてて

「ドーナツ🍩」と喜んでいる幼児もいました。

 

汗をかきながら楽しみ、大満足の様子でした。

本日は、体調不良による欠席 6名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

てるてる坊主

今日は、朝から梅雨らしく大雨でした。

 

そのため、長靴を履いて登園している幼児もいました。

 

そして、水たまりを見つけると足を踏み入れ、「バシャバシャ」と水しぶきを上げて楽しんでいました。

 

「あめがふるとうれしいの!おきにいりのながぐつがはけるから!」と言っている幼児もいました。

一方、すみれ組では雨が降る日には

「あめがふってるから、きょうもおそとであそべないの?」という会話が聞かれます。

 

すると、

「みんなで、てるてるぼうずつくったらいいんじゃないの?」

と一人の幼児が提案してくれたので、みんなでてるてる坊主づくりをしました。

 

 

てるてる坊主の「目」や「口」はシールを貼りました。

同じシールであっても、貼り方で様々な表情なものになりました。

 

できあがったものを部屋に飾ると

「これわたしの!」

「これはぼくがつくったの!」

とうれしそうに話していました。

 

帰りの準備をして窓から外を見てみると

少しの間でしたが、雨がやんでいました。

 

「てるてるぼうず、つくったけんや!」と幼児は喜んでいました。

 

「またつくりたいな~!」という幼児もいたので

ぜひ、ご家庭でも作ってみてください!

園内では、幼児たちも先生たちもマスクを着用して過ごしています。

 

しかし、気温が高くなり、熱中症が心配される季節です。

 

そこで、体操、かけっこ、戸外遊びの時にはマスクを外して活動することにしました。

 

体操では、

「はい」と返事をするのではなく、素早く手を上げる

「ありがとうございました」のあいさつでは、お辞儀をすることにしています。

 

 

こすもす組の体操の時間では、

先生の話や合図に耳を傾けて、集中して活動に取り組んでいました。

 

柔軟体操や壁逆立ちなど、

「いえでれんしゅうしてきたよ!」

と話してくれる幼児もいます。

 

引き続き、ご家庭でも、柔軟体操を取り組んでみてほしいと思います。

もも組の幼児たちは、16日に重信川の河川敷に行ってきました。

 

当初は10日に行く予定だったのですが、あいにくの雨☔。

 

前日から楽しみにしていて

「なんでいけんの~」と悔しがっていました。

 

梅雨の中休みで、良い天気に恵まれ、今週は無事行くことができました。

 

「むしをつかまえるために、ふくろもってきた」

「はやくいきたいけん、じゅんびいそごう!」

と楽しみにしていることが、伝わってきました。

 

到着すると、はやく遊びたくてウズウズしている幼児たち。

遊ぶ範囲とルールを確認して、虫探しや花を摘んだり、川をのぞき込んだりしました。

本日は、体調不良による欠席 5名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆ 

時の記念日

6月10日は「時の記念日」です。

 

たけ組では、前日に「明日、時計作りをするよ」と伝えると

「なんで、つくるの?」と不思議そうにしていました。

 

当日、登園してくると

「きょうはとけいのひなの?」と

お家に帰ってから幼児なりに考えたようでした。

 

「時の記念日は、時間を大切であることをみんなに広めるために作られた日です。」

「日本で初めての時計が鐘を打ったのが6月10日だったから、今日が時の記念日なんだよ。」

と伝えました。

 

すると、「とけいがないとなんじかもわからんよね。」と

時計のありがたさを感じたようでした。

折り紙で作った時計に、自分で数字を書き入れました。

 

数字を書き入れる前に、数字の配置の話をしました。

 

教室にある時計の周りには、今が何分かわかるように

1のところには「5」

2のところには「10」のように数字を貼っています。

 

「なんぷんかわかるようになったよ!」と覚えた幼児もいるようでした。

時計ができ、腕につけると、

「わたしのとけい!」と友達と見せ合いをして自慢していまいした。

こすもす組では、

「〇分までにできるかな?」と声を掛けて、

活動の準備や着替えをすることで

少しずつ時間を気にして行動する幼児が増えてきました。

そうすることで、キビキビ行動するようになったように感じます。

 

今日は、時の記念日ということで

時間の大切さに気づけるように話をしました。

 

そして、一人ひとりが個性豊かな時計を作りました。

 

時計には、チェックやフルーツの模様を描き

数字を書き入れて素敵な時計ができました。

 

できた時計を腕につけると、

モールでつけた時計の針を動かして

自分の好きな時間に合わせて楽しんでいました。

 

「みんなこの時計をつけてどこに行きたいかな?」とたずねると

「こうえん!」「すいぞくかん!」「どうぶつえん!」と

自分たちの大好きな場所に付けていきたいようでした。

つくし組では、リズム遊びとして、流れてくる曲に合わせて

カスタネットを叩くことをしています。

 

その中で、幼児への呼びかけで

「つくしぐみさん」「(うん)」「はあい」と3つのリズムで

返事ができるように5月から繰り返し練習しました。

 

リズム遊びの時だけでなく、集中してほしい場面でこの呼びかけをしています。

 

また、自由に叩いている時も

先生が「3・2・1・0」の合図で

音がピタッと鳴りやむこともでてきました。

 

今日は、「つくしくみさん」のところを

「おとこのこ」や「おんなのこ」に変えて呼びかけてみたところ

自分が当てはまらない時にはお休みで待つこともできていました。

 

どんなことも、毎日続けることで習慣づいていきます。

朝の支度、活動の準備、並び順も

自分たちだけできるようにしていきます!

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 5名

    溶連菌感染症による欠席 1名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆ 

歯と口の健康週間

6月4日から10日の期間は「歯と口の健康週間」です。

 

「歯と口の健康週間」と呼ばれるようになったのは、平成25年(2013年)のことです。

 

それまでは、「歯の衛生週間」と呼ばれていました。

今日は、シール帳にも「むしばよぼうのひ」のキラキラシールを貼り

「むしばよぼうってどんなひ?」と興味を持っていました。

 

うめ組では、歯のはたらきや、歯の種類、虫歯についてクイズをして

歯の大切さを考える時間をとりました。

 

「もし歯がなかったらどうかな?」と尋ねると

「ごはんがたべれなくなる」

「たべれなかったらげんきでない」と歯の大切さに気づいたようです。

 

人間には、前歯、奥歯、糸切り歯の3種類があることを伝えました。

 

話が終わると、鏡の前で大きく口を開き

「ばくのいときりばこれだ!」と確認する幼児もいました。

 

毎日している歯磨き。

 

今日のお話を忘れず、毎日丁寧に歯磨きをして歯を大切にしてほしいと思います。

明日は二十四節気の「芒種」です。

 

水をはった田んぼに、田植えを終えた稲が、そよそよと風に揺れ

緑が美しく、心和む季節となりました。

 

田んぼの中には、いろいろな生き物がいます。

 

こすもす組は、幼稚園の周りにある田んぼに生き物を見つけに行きました。

 

田んぼをのぞき込むと、

「カブトエビだ!」

「おたまじゃくし!」と大興奮。

 

見るだけでなく、「さわりたい!」という幼児が多く

何とか捕まえようと必死に手を伸ばしていました。

 

捕まえたいけど、怖く感じる幼児もいて

「せんせい…これかまないよね」と心配していたり

「きょうのごはんのために、おさかなつりたい!」と

晩御飯にまで考えが及んでいる幼児もいました。

 

季節ごとに、生き物や自然の変化が見られます。

また、園外に散策に出掛けたいと思います。

すみれ組では、6月の花であるアジサイの塗り絵をしました。

 

今は「梅雨」という時季であること

生き物では、カエル🐸やカタツムリ🐌がいること

花では、ピンクや青色、紫など色とりどりのアジサイが咲くことを

幼児たちにお話ししました。

 

幼児たちは、興味をもって聞いていました。

 

塗り絵が始まると、はみ出さないように端の方から少しずつ塗る幼児

大胆に思いのままに塗る幼児

本来のアジサイの色にとらわれずカラフルな色にする幼児など

一人ひとりの個性が見られる作品となりました。

本日は、体調不良による欠席 3名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

ゲーム遊び

うめ組は、戸外で「むっくりくまさん」のゲームをしました。

 

みんなで円を作り、その中にクマ役の幼児が入って目をつぶって座ります。

 

「むっくりくまさん♪ むっくりくまさん♪ ~」と

歌を歌いながらクマさんの周りを歩きます。

 

歌い終わると、クマさんが目を覚まして、みんなを追いかけます。

 

目を覚ましたクマから、

「きゃ~」「にげろ!」と必死に逃げる幼児たち。

 

捕まった幼児もクマの仲間になって楽しんでいました。

 

ゲームの後も口ずさんでいた「むっくりくまさん」の歌を

ぜひ幼児たちから聴いてみてください!

こすもす組は「ボールあてゲーム」をしました。

 

はじめに、ルールを説明しました。

みんなが、ルールを守ることで、ゲームを楽しむことができます。

 

時間を3分と決めて、スタート。

ボールを持っている幼児は、何とか当てようと

ねらわれている幼児は、当たらないようにしようと

みんな大はしゃぎでした。

 

男女に分かれて行ったところ、

女の子は、一緒に動く幼児が多かったため、残ったのは3名

男の子は、身軽にボールをよけて、残ったのは7名で

今回は、男の子チームが勝ちました。

 

「むねをね、こうひっこめたんよ」

「ボールがきたら、すっとのくんよ!!」と

ボールを当てられず残った男の子は得意げになっていました。

すみれ組では、お父さんの絵を描きました。

 

「顔にはどんなものがある?」と尋ねると

先週、お母さんの絵を描いたこともあり

幼児たちはたくさん発言してくれました。

 

事前に、顔のことを確認することで

「かおをかいて、めをかいて、おはなかいて…」と

意識しながら描いていました。

 

「おとうさんのかみはクルクルなの」

「おひげがあるよ」と

お父さんの特徴も上手に描いている幼児もいました。

本日は、体調不良による欠席 5名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆