いも掘り

今日は年長児が楽しみにしていた「いも掘り」の日です。

 

しかし、幼児が登園する時間に小雨☔が降っていたこともあり、

「さっきあめがふっとった」

「いもほりないの?」と心配していました。

 

天気予報を見て、「お昼までは大丈夫!」と判断して、実施することにしました。

 

いも掘りができると分かると大喜びでした。

 

今回は、密集を避けるため、クラス毎にいも掘りを行いました。

 

まつ組では、掘る前に、

「ただ掘るだけでなく、色や大きさ、形もよく見てね」とお話しました。

 

いも掘りが始まると…

「ちいさいいもやけん、あかちゃんだね」

「このいもおおきいけん、ゴツゴツしているね」など

友達と話をして、楽しそうにしていました。

 

大収穫で、自分の掘ったじゃがいもがどんな料理になるのか、

期待に胸膨らませていました。

 

どんな味がしたか教えてくださいね!

 

音楽の活動は制限が多く、お部屋の中での合唱ができず

鍵盤ハーモニカの練習も見合わせています。

 

幼児たちに、少しでも音楽♪に触れてほしいと思い、リズム遊びを取り入れています。

 

 

なでしこ組では、カスタネットを使ってリズム遊びをしました。

 

久しぶりということもあり、カスタネットの持ち方を確認してから始めました。

 

まずは、先生のマネをして叩き

リズムを変えたり、速さを変えたりしました。

 

そして、『しあわせならてをたたこう』の音楽に合わせて、

強弱をつけたり、回数を決めて叩いたりして

アレンジすることで幼児たちも楽しかったようです。

 

「もう1回やってみたい」

「カスタネットたのしかったね。またしたいね。」と言っていました。

 

すずらん組では、カスタネットをみんなで初めて一緒に使いました。

まず、カスタネットを叩くところを見せると

「それ、な~に?」

「やってみたい!」と興味を示しました。

 

まずは、持ち方からです。

「おにいさんゆびに、輪っかを入れます!」と伝えました。

 

カスタネットの準備ができると、自由に叩いてみました。

初めだったためか、力いっぱい叩いて、大きな音を出す幼児が多かったです。

「優しくトントンと叩いてごらん?」と伝えると

すぐに叩き方を変えていました。

 

最後に、『おもちゃのチャチャチャ』の音楽に合わせて叩いてみました。

すると、「おもちゃのチャチャチャ」の歌詞の部分を

「おもちゃの」は叩かずに「チャチャチャ」の時に叩く幼児もいました。

 

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 3名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

全員登園が始まりました

年長児が植えたアサガオの種から、芽が出ています。

 

土曜、日曜のお休みの間で、ほとんどの鉢に芽が出ていました。

 

自分の鉢にも芽が出ていることを確認すると、うれしそうにしていました。

今日から、全員登園となり年長児も、ワークを使った活動、本読みの時間が始まりました。

 

さくら組では、始める前に、まず姿勢の確認を行いました。

 

「どんな座り方がいいかな?」と問いかけると

 

自ら背筋を伸ばしたり、足をそろえたりしていました。

 

椅子には毎日座るからこそ、座った時の姿勢が習慣づいていきます。

 

すぐに身につかなくても、意識して日々声を掛けていくことで

 

幼児たちは姿勢を正し、自然と身についていくと思います。

たんぽぽ組では、サーキット遊びをしました。

 

新型コロナウイルスによる影響で、ご家庭でも、戸外に出て遊ぶことが

なかなかできなかったのではないかと思います。

 

そのため、運動量も減っていたと思います。

 

幼稚園の中では、遊びを中心にたくさん体を動かす機会を作っていきます。

 

今日は、トランポリンを跳んだり、平均台の上をバランスを取りながら歩いたり、鉄棒にぶら下がったりすることをしました。

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

ばら組の給食の様子です。

 

お伝えしていたように、4人掛けの机には中央にアクリル板を置いています。

 

今までと違う環境であることを幼児たちも感じているのか

 

今までに比べると、おしゃべりも少なかったです。

 

 

アクリル板の向こうに見える友達と笑みを交わしながら

 

「まえのきゅうしょくよりおいしい!」と話す幼児もいて

 

みんなで一緒に食べる時間の楽しさを感じていました。

本日は、体調不良による欠席 7名でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

2グループの様子

分散登園最終日です。

 

ゆり組は、ホールで体操を行いました。

 

体操では、柔軟体操と壁逆立ちを行いました。

 

友達がしているときには、

「がんばれ~!」

「もうすこし!」

と自然と応援する姿が見られました。

 

幼児たち、一人一人にあったペースでこれからも進めていきます。

れんげ組は、「おかあさんの絵」を描きました。

 

お母さんについて幼児に尋ねてみると

「ごはんをつくってくれるよ! かっこいいおべんとうも!」

「おそうじしてくれる!」と答えてくれました。

 

「かわいいまつげかいたよ!」

「かみのけながいの!」と

お母さんのことを思い出しながら描いていました。

夕方、幼稚園の隣にある田んぼでは、田植えの準備をしていました。

 

預かり保育をしている年長児が、農家の方に、いろいろと質問をしていました。

 

質問に対して、丁寧に答えてくださっていました。

 

ありがとうございます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

1グループの様子

5月11日から始まった、2グループに分かれての保育。

1グループは、今日が最終日です。

 

こすもす組の幼児は、裸足になり芝生広場へ。

今日は、天気も良く、みんな気持ちよさそうに遊んでいました。

 

フラフープをお家に見立ててままことをしたり

玉入れの球でキャッチボールをしたりしました。

 

また、遊びに入れない友達に

「一緒に遊ぼう」と優しく声を掛ける姿も見られました。

 

園から見える田んぼでは、田植えの準備をしています。

カエルの鳴き声が聞こえてきて、「どこにいるんだろう?」と探している幼児もいました。

 

5月からスタートした「うさぎ組」。

今日は粘土遊びをしました。

 

「いっしょにつくろう」

「〇〇をつくったよ」

「●●ってどうやってつくるの?」など

友達に話しかけながら、自分で考えて作ったり、友達のマネをして作ったりして遊んでいました。

 

粘土遊びが大好きな幼児たちです。

これからも、いろいろな遊びをして、興味を広げていきたいと思います。

 

すみれ組は「おかあさんの絵」を描きました。

 

 

「めは2こあるよ」

「おくちはあかいよ」などの反応が見られました。

 

描き始めると、

「みてみて!」と教師にアピールしたり

「おかあさんは、いちごがすきなの」と顔の周りに好きなものを描いていました。

 

ばら組は、絵の具を使って、「おとうさんの絵」に色付けをしました。

下絵を描くときには

「おとうさんは、めがねをかけてるよ」

「おしごとがんばってるよ!」と

おとうさんのことを思い浮かべながら描いていました。

 

おとうさんの好きな色で服を塗ったり、

下絵の線からはみ出さないように気をつけたりしながら色付けをしていました。

 

なでしこ組の昼食の様子です。

 

4人掛けの机ですが、隣り合わせに2人だけ座って食事をとり、静かに食べるようにしています。

分散登園の間は、空いている教室も使い、クラスでも分かれて食事をするようにしています。

 

 

家庭で過ごす時間が長いこともあり、コロナウイルスのことを幼児たちも知っています。

「おうちでみたよ」

「コロナになってしんでしまったら、だれにもあえんのよね。」と

友達同士で話す姿が見られます。

 

 

注文していたアクリル板が届きました。

 

4人掛けの机で向かい合わせで活動する時、食事をする時に使っていきます。

 

木曜日ですが、今日登園した幼児たちにとっては、今週最後の登園日です。

 

つくし組では、自分のスモックをたたみ、持ち帰りのバックに入れる練習をしました。

スモックだけでなく、制服や体操服をたたむ練習もしています。

スモックを脱ぐときにも、裏返しにせず上手に脱げるようになりました。

「しかくのサンドイッチにできたよ」と片付けも楽しんでいるようでした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

プレゼント作り

分散登園も2週目に入っています。

 

現在は、クラスを2つに分けて、空いている教室も使って保育を行っています。

 

年少児も、少しずつ落ち着き、活動に取り組んでいます。

 

今日は、プレゼントつくりをしていました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

朝顔の種植え(うめ・もも)
昨日に引き続き、今日は年長のうめ組ともも組の幼児が朝顔の種植えをしました。
 
先生から一人が3つずつ種を受け取ると
種の大きさや色を観察したり、種のにおいをかいでいる幼児がいました。
 
 
種を植えるため鉢に3つの穴を開けました。
すぐに場所を決められる幼児もいれば
どこにしようかと悩んでいる幼児もいました。

種を植え終えると「きれいな花が咲きますように」と祈りながら水やりをしました。

種植えの前に、しゃがみこんでいるので

何をしているのかなと思いのぞきこんでみると…

虫の観察をしていました。

 

男児が虫に興味を持ち始め

女児にも虫への興味が広がっています。

 

幼児たちから虫の話を聞く機会が増えています。

先日も、お家で「カマキリのたまごをみつけた」という話を聞きました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

朝顔の種植え(さくら・まつ・たけ)

年長のさくら組、まつ組、たけ組の幼児たちが

朝顔の種植えを行いました。

 

朝顔の種は、年長児一人一人が自分の鉢に植えます。

まず、バスの運転手さんに自分の鉢に土を入れていただきました。

 

入れてもらう前には「おねがいします」

入れてもらった後には「ありがとうございました」

を言える幼児もいました。

 

 

鉢の準備ができら、いよいよ種を植えます。

 

「間をあけて、3つ穴を開けましょう」と伝えました。

 

すると…

三角形だったり、横一直線だったり、斜め一直線だったり、

自分たちなりに考えて開けていました。

 

 

そして、先生から種を受け取り、実際に植えていきます。

 

種を植えた後には、「おふとんをかけるように、やさしく土をかけてあげてね」と伝えました。

 

種植えが終わったら、水やりです。

どんな色の花が咲くのか、楽しみにしながら、観察していきましょうね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

1週間を終えて

5月11日から半数ずつの登園が始まりました。

 

久しぶりの登園となった幼児の中には

戸惑いを見せる幼児もいました。

 

時間が経つにつれ、友達とかかわり話をする姿が見られました。

 

 

また、遊具や芝生広場で遊ぶのは楽しいようで

何回も繰り返し遊具で遊んだり

友達とかかわりながら遊んだりしています。

 

 

 

気温が高くなってきて、マスクをしていると

いつも以上に暑く感じます。

 

マスクを着用していると体温が高くなりやすいともいわれます。

こまめに水分補給をするように幼児たちに声を掛けています。

熱中症にも気をつけて過ごすようにします。

 

 

まだ、感染防止に気をつけながらの保育が続きます。

今できることを考えて、保育を行ってまいります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

5月11日からの登園について

全国に緊急事態宣言が発令されたことに伴い、4月21日から5月8日まで臨時休園とさせていただきました。

 

 

期間中は、「不要不急の外出の自粛要請」もあり、ご家庭で過ごすのも大変だっただろうと思います。

 

 

保護者の皆様、ご協力ありがとうございました。

 

 

全国への緊急事態宣言は継続されていますが、5月11日以降、愛媛県は「感染対策期」から「感染警戒期」となり、

要請の緩和が行われ、社会が少しずつ動き始めます。

 

 

 

幼稚園につきましては、5月11日からの登園について、下記のようにいたします。

 

〇 5月11日から22日の間は、クラス毎に交替での登園とします。

5月11日(月)・13日(水)・15日(金)・19日(火)・21日(木)

年長:うめ・もも

年中:ばら・なでしこ・こすもす

年少:つくし・すみれ

プレ年少:うさぎ

 

5月12日(火)・14日(木)・18日(月)・20日(水)・22日(金)

年長:さくら・まつ・たけ

年中:ゆり・ひまわり

年少:たんぽぽ・れんげ・すずらん

 

 

〇 5月11日、12日は12時降園とします。

  13日から給食、お弁当が始まります。

 

 

〇 5月11日、12日は体操服登園、13日以降は制服登園となります。

  体操服を持たせてください。

 

 

〇 歯ブラシ、コップは衛生面を考え、使用せず、水筒のコップで口をゆすぐだけにします。

 

 

〇 バスは通常通り運行します。登園日のみの利用でお願いします。

  (預かり保育のみに来られる場合はバスの利用はできません。)

 

 

〇 幼児もマスクの着用をお願いします。

  マスクの着用のない場合はお預かりできません。

  昼食時以外は、幼児もマスクを着用します。

 

 

〇 朝、測定した体温を記入した体温カードを持参していないとき、マスクを着用していないときはバスの乗車はできません。

 

 

〇 幼稚園関係者(教職員、幼児)以外の園舎内への入場は、やむ得ない事情がある場合を除き行わないようにします。

 

 

〇 保育時間中は、換気を行うようにします。

 

 

〇 5月11日~22日の間、昼食の時は、向かい合って座らないように配慮します。

 また、それ以降、向かい合って座るときには、間に「仕切り板」を設けるように準備しています。

 

 

〇 持病、アレルギー等以外で投薬が必要な幼児の登園は自粛をお願いします。

 

 

〇 新2号認定を受けている幼児については、上記の登園日以外も預かり保育の利用はできます。

  新1号認定の幼児については、登園日以外はやむ得ない事情がある場合のみ、預かり保育の利用とします。

  新1号認定の方は、連絡アプリで申し込まれる際に、預かり保育を利用される理由をご記入ください。

 

 

〇 預かり保育を行う幼児は、申し込みの際、お迎えの時間の目安を記入してください。

 

 

〇 登園日以外で12時以降も預かり保育をされる方は、お弁当の用意をお願いします。

 

 

〇 5月11日~22日の間のプールレッスンは行いません。

 

 

〇 5月11日~22日の間の課外教室はありません。

 

 

幼児たちにとっても、今まで経験したことがない環境が続いています。

大小はあるにせよ幼児たちにもストレスがかかっていると思います。

ストレスから集中が続かなかったり、情緒が不安定になったり、攻撃的になったりするということがあるようです。

本来であれば、時期に合わせた制作をしたり、絵を描いたりするですが、

まずは、幼児たちの様子を把握して、安心して遊べるようにしたいと考えています。

 

 

また、新型コロナウイルスの感染者数は減ってきていますが、

気をつけていても感染したという例もあります。

 

 

園内の環境を衛生的に保ち、

私たちも体調管理をしっかりと心がけてまいります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

緊急事態宣言を受けて

全国に緊急事態宣言が発令されました。

 

 

 

全国的に新型コロナウイルス感染症が拡大する状況の中、

予防対策に配慮しながら、お子様の受け入れを行っています。

 

 

 

一方、緊急事態宣言が全国に拡大して発令され、国内では乳幼児の感染、

保育施設における保育士の感染などの事例も発生しています。

 

 

 

つきましては、お子様の安全と感染拡大を防止する観点から、

対応を下記のとおりとします。

 

 

 

連絡が遅くなり、申し訳ございません。

 

何卒ご協力お願いいたします。

 

 

 

〇4月20日(月)は予定通り、12時降園で保育を行います。

 

 

〇4月21日(火)~5月1日(金)の期間については、臨時休園となります。

 ただし、やむを得ず家庭で保育ができない方の預かり保育は実施します。

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染症の国内発生動向(4月14日18時時点)のデータです。

 

 

 

乳幼児の感染者が報告されていますが

実際のところ、どれくらいなのだろうかと思い調べていたところ、

こちらのデータを教えていただきました。

 

 

データを見ると、

10歳未満、10代は20代以上と比べると

感染者数は少なくなっています。

 

 

 

小学校、中学校、高校は休校になり

人と出会う機会が少なくなっているため感染者数が少ないのでしょうか。

 

 

 

10歳未満に含まれる幼稚園、保育所、認定こども園に通っている子どもたちの感染者数が少ないのは

それぞれの園で、気をつけている効果なのでしょうか。

 

 

 

このデータを見て、気をつけなければならないのは、

20代以上の大人だなと感じました。

 

 

 

まだまだ、我慢の時期が続きます。

後で、「あれはやりすぎだったね」と言われるくらい気をつけていきたいと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆