秋(まつ・ばら・れんげ)

まつ組は、折り紙で「きのこ」と「どんぐり」を作りました。

 

きのこは1枚の折り紙で折り、どんぐりは折り紙を4分の1に切って折りました。

 

小さい折り紙でも、端と端を丁寧に合わせて、なんとか折ることができました!

 

今回の折り紙は、「こもど」の表紙になります。

 

お家に持ち帰るのを楽しみにお待ちください!

 

ばら組では、クラス旗づくりをしました。

 

あらかじめ絵の具で顔の輪郭を作っておいたものに、クレヨンで顔を描いていきました。

 

クラスカラーである赤色のハチマキもしっかりと描いていました。

 

「うんどうかいはいつ?」

「26日だよ」

 

「どこでするんやったっけ~?」

「ぶどうかんだよ!」と

幼児同士が会話をしていて

運動会をとても楽しみにしていることが伝わってきました。

 

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

れんげ組の給食の時間の様子です。

 

運動会の練習をした後で、お腹がペコペコな幼児たち。

 

一学期よりも食欲旺盛で、完食する幼児が増えています。

 

苦手な食べ物にも、自分からチャレンジしています。

 

食べ終えた幼児は、

「ピカピカ!」

「ごちそうさま」と

空になったお弁当箱を見せに来てくれました!

本日は、体調不良による欠席 20名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

積み重ねる(まつ・なでしこ・すずらん)

年長児は、リレーの練習をしました。

 

 

年長児は、男女に分かれて全員リレーを行います。

 

 

走るのが速いだけでは一番にはなれず、

次の人にバトンをスムーズに渡すことも必要です。

 

 

まつ組の幼児たちは、

 

「おうちではしるれんしゅうした!」

 

「いちばんとりたい!」

 

と競争心も芽生えてきています。

 

 

練習を積み重ねバトンの受け渡しも上手になり、応援にも熱が入っています。

 

なでしこ組では、9月下旬に持ち帰る「こもど」の表紙づくりをしました。

 

 

こもどの表紙は、月によって、写真または幼児の制作したものとなっています。

 

 

10月号ということもあり、折り紙で、ジャック・オー・ランタン🎃を作りました。

 

 

今日は、自分たちで折ったジャック・オー・ランタンをのりで貼りつけました。

 

 

「のりは人差し指でぬること」

 

「ぬったものを持つ時は、親指と薬指でもつこと」を確認してから行いました。

 

 

すると、のりを上手に使って、人差し指以外の指が汚れないような使い方ができていました。

 

 

制作物の大きさによって、のりの量を変えることが難しいので、

 

のりを使った制作を積み重ね、自分で考えて調節できるようにしていきたいと思います。

 

すずらん組では、50音を読めるようになった幼児が、自分で絵本を読み始めました。

 

 

「見る」ではなく「読む」です。

 

 

初めは文字の数が少ない絵本から読みます。

 

 

一文字一文字、指で押さえながら、ゆっくりと読む姿が見られます。

 

 

読み終えると、「おわった~」とうれしそうにしています。

 

 

読み終えると手を挙げ、先生が絵本のタイトルを「記録ノート」に一人一人記録していきます。

 

 

読み終えた絵本のタイトルが積み重なり、一人一人ががんばった軌跡を残していきます。 

平仮名を覚えている幼児たちも、がんばっています。

 

 

今日、50音を全て読めるようになった幼児もいました。

 

 

今覚えている幼児たちは、今日は、あ行、か行を中心にカードを見ながら覚えました。

 

 

最後にカードを机に並べて、

 

「●●くんは、”あ”のカードを取ってきてね」というと

 

「これからな?」と首をかしげながらも”あ”のカードを取ってきてくれました。

 

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 8名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

できるかな?(まつ・もも・ばら・れんげ)

今日から9月のスタートです。

 

9月26日には、運動会があります。

 

年長児は、運動会で「組体操」を行います。

 

まつ組、もも組の幼児たちの練習の様子です。

 

笛の合図に合わせて、キビキビと行動しています。

 

夏休み中にも体操の練習をしていたようで、上達しています。

 

「運動会でどんなところを見てもらいたい?」と問いかけると

「たいそうをがんばっているところ!」

「しんけんなかお!」

「むずかしいわざ!」と答えてくれました。

 

 

ときには、うまくいかなくて涙が出たり

「やりたいないなぁ」と思ったりすることもあるかもしれません。

 

それでも「できるかな?」と自分に問いかけながら挑戦し

できたときには、「やった~」という表情をしています。

 

「ポーズを決めること」「素早く移動すること」を目標に、毎日、取り組んでいます。

 

「絶対できる!」を合言葉に、これからも練習を積み重ねていきます。

 

年少児にとっては、初めての夏休み。

「がんばりひょう」や「なつのアルバム」を見ると充実したお休みだったことが分かります。

 

れんげ組の体操練習の様子です。

 

「アザラシ」では、頭に足がつき

「開脚柔軟」では、膝を伸ばして、床に頭をつけられる幼児が増えていました。

また、「ブリッジ」では、多くの幼児が手足で体を支えて、頭があがるようになっていました。

 

夏休み前からの成長に驚きです!

夏休み中にも練習したことが、一目見てわかりました。

 

今日は、「壁逆立ち」と「カエルジャンプ」の練習をはじめました。

 

「じぶんでできるかな?」と問いかけると、

足で床を蹴り、自分の力で支えようと何回も何回も練習していました。

 

午後保育がはじまり、「読み」「ワーク」の時間も始まっています。

 

幼児たちも、園生活のリズムが戻ってきたように感じます。

 

椅子に座る時に大切なのが「姿勢」です。

 

「正しい姿勢ができるかな?」と問いかけ、ワークの時間が始まります。

声を掛ける前から、姿勢を意識している幼児も増えてきました。

 

また、「まいにちつづけるたいせつなこと」の一つに

「おおきなこえでへんじをする」があります。

 

 

問題が解けると、「はい!」と大きな返事を先生に返していました。

 

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 1名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

おじいちゃん、おばあちゃんの絵

まつ組では、伊予銀行森松支店に展示していただく「敬老の日の絵」を描きました。

 

幼児たちに、おじいちゃん、おばあちゃんのことを尋ねると

「おじいちゃんはビールがだいすき」

「いろんなものをかってくれて、やさしい」

「なつやすみに、おとまりにいくんよ」など

遠くに住んでいるおじいちゃん、おばあちゃんに会えるのを楽しみんしている幼児もいました。

 

「いつも、げんきなんよね」

「ニコニコおはなししてくれるんよ」

「はやくあいたいな~」とつぶやきながら絵を描いていました。

 

幼児たちの思いが伝わるかわいい絵が仕上がりました。

 

年長児が植えたアサガオが、ずっと気になっているゆり組の幼児たち。

 

「おおきくなってるね」

「ぼくらもおおきいぐみになったらうえるの」と

興味津々です。

 

そんな幼児たちは、アサガオ制作をしました。

 

コーヒーフィルターに色水をつけて花びらを作り、

画用紙に貼り付けました。

 

「みんないろんないろできれい~!!」と

できあがったものを見てうれしそうにしていました。

年少児も、柔軟体操の動きを覚えてきました。

 

たんぽぽ組は、教室で柔軟体操をしました。

 

開脚では、つま先を手でつかみます。

「あざらし」では、頭に足が届く幼児もいます。

 

まだ、できない幼児もあきらめずに続けることで届くようになります。

「ブリッジ」も頭が上がる幼児がでてきました。

 

また、ジャンプをする時には

「ひざを曲げること」「つま先で床を蹴ること」を伝えると

高く跳び上がれるようになってきました。

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 9名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

戸外でうたおう♬

毎週お伝えしている、年長児の朝顔の様子です。

 

何本も蔓が伸びている鉢が増えてきました。

 

蕾ができそうかな…と感じる鉢もあります。

 

来週あたりには、朝顔の開花が見られそうです。

 

先週までの様子はこちらから 朝顔

 

愛媛では、新型コロナウイルス感染症が落ち着いていますが

まだまだ制限がある中での保育が続いています。

 

そんな中で、みんなが揃って歌をうたう時には屋外でするようにしています。

 

まつ組の幼児たちは、流れてくる音楽に合わせて、

歌詞カードを見ながら歌いました。

 

室内であれば、壁に貼ることができるのですが

屋外で間隔を取って歌うために、

一人ひとりに歌詞を印刷して渡しました。

 

下を向いてしまうと声が出にくくなるので

歌詞カードが自分の正面に来るように持つように伝えました。

 

歌う機会が少ないため、声が出しづらい箇所もありましたが

歌をうたえることがうれしいようでした。

芝生広場では、自分たちで考えながら遊んでいる姿が見られます。

 

ゆり組の幼児たちは、

フラフープがあるとフープの中に入って「電車ごっこ」をしたり

築山にのぼって「フープ転がし競争」をしたりしています。

 

道具がないと、どんな遊びをするのかと思い

今日は、芝生広場には道具がありませんでした。

 

すると、フープなしで電車ごっこをしたり

築山を滑ったり、転がったり

「お~い!〇〇ちゃん!」「なぁに~!」と

声を掛け合ったりして遊ぶ姿が見られました。

たんぽぽ組の幼児たちは、「アンパンマンパソコン」と名付けた50音表を使って

ひらがなを覚えています。

 

絵を見て「ありの”あ”」「いるかの”い”」のように、読みながら覚えています。

 

覚えられた文字には〇をつけ、〇印が増えるとうれしそうにしています。

 

すると、もっと〇をもらおうと、がんばって覚えようとしています。

 

少しずつ覚えていきましょうね!

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 3名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

観察日記

年長の朝顔の様子です。

 

葉っぱがさらに大きくなり、蔓が伸びてきました。

 

5月25日の朝顔

6月1日の朝顔

6月8日の朝顔

6月15日の朝顔

年長児は、朝顔の観察日記を書いています。

 

今日は、まつ組が自分の鉢を観察しながら絵日記を書きました。

 

幼児たちは、園では想像して絵を描くことが多く、

実物を見ながらということで、どこから描こうかと考えている幼児もいました。

 

鉢から、土から、葉っぱから…と描く順番も様々

正面から、上から、斜めから…と観る角度も様々でした。

 

実物を見ることで、発見もありました。

「はっぱに、しろいところがある!」

「はっぱに、あながあいとるよ?」

「むしにたべられたんかな」とよく観察していたり

さわったり、臭いをかいだりもしていました。

 

絵を描いた後には、簡単な文章を絵の下に書きました。

「はっぱがリボンみたいだった」

「なにいろのはながさくかな」

「きんとぎんがさくといいな」など

幼児の願いも込められた観察日記となりました。

先週は、梅雨らしい天気が多く、週の後半は室内遊びが続きました。

 

今日は、久しぶりにお天気に恵まれ、ばら組は、砂場遊びをしました。

 

幼児たちは、いろいろなシチュエーションを想像して遊んでいます。

 

友達とケーキを作り「いらっしゃいませ~!」とお店を開いたり

穴を掘って道やトンネルを作ったりと様々です。

 

中には、作るところから崩すところまでを楽しんだり、

目を凝らして貝殻を探す幼児もいます。

 

砂場では友達と一緒に遊ぶことが多いので、

砂を投げたり、撒き散らしたりしないこと

使った物は片づけること

などルールを守ることも伝えています。

制服で登園し、毎日、体操服に着替えています。

 

年少児は、ボタンが難しかったり

脱いだ制服が裏返しになったりすることがありました。

 

毎日、自分ですることで

ボタンをするのも上手になり

裏返しになった制服も元に戻せるようになってきました。

 

着替えの時間が短くなり、れんげ組では、

降園前に「バスに乗って」の曲に合わせて、お出かけごっこをしています。

 

「今日はどこに行く?」と尋ねると

「ディズニーランド」

「エミフルでえいがみる」

「でも、やっぱりおうちがいい!」と

様々な答えが返ってきます。

 

今日は「おきなわ」と「エミフル」に行きました。

 

次はどこに行こうかな?

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 6名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆ 

 

ロケット発射

今日は、まつ組、たけ組、うめ組の3クラスが森松の重信川河川敷に遊びに行きました。

 

河原には、バッタやダンゴムシなどの虫がいたり

シロツメクサなどが咲いていました。

 

思い切り走り回ったり、虫捕りに夢中になったりする幼児がいました。

 

虫かごを持ってきている幼児もいて、帰るころには

「バッタを5ひきつかまえた」とうれしそうに見せてくれる幼児や

「おかあさんに、おはなをプレゼントする」と言って花束にしている幼児もいました。

 

園に帰ってから、まつ組はロケット制作をしました。

 

事前に伝えたこともあり、「はやくつくりたい!」と楽しみにしているようでした。

 

取り組む前に、作り方の説明をします。

 

その際に、言葉で説明するだけでなく、ホワイトボードに手順も書くようにしています。

 

そうすることで、自分で確認しながら、制作ができています。

みんなのロケットが完成し、芝生広場へ。

 

「どうやったら、とおくにとぶん?」

「あんまりひっぱらんほうがいいよ。」

とどうやったらうまく飛ばせるか、何回も何回も挑戦していました。

 

「おうちでつくってみよう!」と言っている幼児もいました。

ぜひ、お家でもオリジナルのロケットを作ってみてください。

すずらん組では、父の日のプレゼント作りが始まりました。

なでしこ組では、毎日、正しい姿勢を確認する「腰骨タイム」を作っています。

 

約束は次の3つです。

① 足の裏に床をつける

② 背もたれに寄りかからない(背中をつけないようにする)

③ 腰骨を立てる

 

③の「腰骨を立てる」は、自分たちだけでは難しいので

実際に腰を触って、腰の位置を確認するようにしています。

 

「腰骨を立てる」は柔軟体操の時にも必要なので、

身につけてほしいと思っています。

 

姿勢を確認した後に、ワークに取り組みました。

続けていると次第に、顔が机に近づく幼児がいます。

 

姿勢も日々の積み重ねが大切なので、

確認しながら進めていきます。

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 10名

    溶連菌感染症による欠席 1名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆ 

制作

6月の第3日曜日は「父の日」です。

 

なでしこ組では、お父さんへのプレゼント作りをしました。

 

プレゼント作りの前に、お父さんについて質問してみました。

 

「いっしょにあそんでくれる。」

「いつもおふろ、いっしょにはいるんよ。」と答えてくれました。

 

話をしている幼児の表情を見ていると

「だいすき💛」という気持ちが伝わってきました。

 

今日は、紙皿にマーカーで色付けをしたり、絵を描いたりしました。

 

「にじいろにしよう」

「ハートかこう」と

友達と話をしながら楽しそうにしていました。

 

幼児の素敵なプレゼントを楽しみにお待ちください!

今年は、早くも梅雨入りしています。

 

「雨がたくさん降るからお外で遊べなくなるね」と伝えると

「あめがふったら、はっぱ🍃がげんきになるね。」

「かたつむり🐌やカエル🐸がたくさんでるよ。」と

梅雨のことを否定的ではなく、肯定的に捉えられる幼児が多くいました。

 

まつ組では、幼児の話にも出てきた『ぴょんぴょんカエル』を折り紙で折りました。

 

折り方によって、出来上がったときのカエルの跳び方が違ってきます。

「しっかりとアイロンをすること」を伝えると、

一つ一つ丁寧に折っていました。

 

折り進めていくと、だんだん小さくなってくるので難しくなってきます。

「半分」「ななめ」「広げる」などいろいろな折り方を繰り返すことで

器用になり上手になってきます。

 

出来上がった幼児は早速カエルを飛ばしていました。

誰が一番遠くまで跳ばせるか競争したり、

障害物を置いて跳び越えさせたりしていました。

 

 

梅雨入りしましたが、今日は青空が広がっていました。

 

すずらん組は、戸外遊びをしました。

 

クラスのみんなが一緒に遊ぶためには、ルールが必要です。

〇 すべり台は階段からのぼって滑ること(すべり台を下からのぼらない)

〇 砂場の砂を友達の方に投げないこと

〇 砂場のバケツやスコップを独り占めしないこと

を伝えました。

 

「すべっている時に、友達がのぼってきたらどうなるかな?」と実際にやってみると

「あぶない」「けがする」「すべれない」と

幼児たちから返事がかえってきました。

 

ルールを伝えることで、ルールを守ろうとする姿が見られます。

しかし、砂場道具などの取り合いは起こります。

そういう時には、様子を見ながら、先生が間に入るようにしています。

友達との思いがぶつかることも、幼児にとっては必要な経験です。

遊びの中で、たくさんの経験を積み重ねていってほしいと思います。

 

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 10名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

いも掘り

今日は年長児が楽しみにしていた「いも掘り」の日です。

 

しかし、幼児が登園する時間に小雨☔が降っていたこともあり、

「さっきあめがふっとった」

「いもほりないの?」と心配していました。

 

天気予報を見て、「お昼までは大丈夫!」と判断して、実施することにしました。

 

いも掘りができると分かると大喜びでした。

 

今回は、密集を避けるため、クラス毎にいも掘りを行いました。

 

まつ組では、掘る前に、

「ただ掘るだけでなく、色や大きさ、形もよく見てね」とお話しました。

 

いも掘りが始まると…

「ちいさいいもやけん、あかちゃんだね」

「このいもおおきいけん、ゴツゴツしているね」など

友達と話をして、楽しそうにしていました。

 

大収穫で、自分の掘ったじゃがいもがどんな料理になるのか、

期待に胸膨らませていました。

 

どんな味がしたか教えてくださいね!

 

音楽の活動は制限が多く、お部屋の中での合唱ができず

鍵盤ハーモニカの練習も見合わせています。

 

幼児たちに、少しでも音楽♪に触れてほしいと思い、リズム遊びを取り入れています。

 

 

なでしこ組では、カスタネットを使ってリズム遊びをしました。

 

久しぶりということもあり、カスタネットの持ち方を確認してから始めました。

 

まずは、先生のマネをして叩き

リズムを変えたり、速さを変えたりしました。

 

そして、『しあわせならてをたたこう』の音楽に合わせて、

強弱をつけたり、回数を決めて叩いたりして

アレンジすることで幼児たちも楽しかったようです。

 

「もう1回やってみたい」

「カスタネットたのしかったね。またしたいね。」と言っていました。

 

すずらん組では、カスタネットをみんなで初めて一緒に使いました。

まず、カスタネットを叩くところを見せると

「それ、な~に?」

「やってみたい!」と興味を示しました。

 

まずは、持ち方からです。

「おにいさんゆびに、輪っかを入れます!」と伝えました。

 

カスタネットの準備ができると、自由に叩いてみました。

初めだったためか、力いっぱい叩いて、大きな音を出す幼児が多かったです。

「優しくトントンと叩いてごらん?」と伝えると

すぐに叩き方を変えていました。

 

最後に、『おもちゃのチャチャチャ』の音楽に合わせて叩いてみました。

すると、「おもちゃのチャチャチャ」の歌詞の部分を

「おもちゃの」は叩かずに「チャチャチャ」の時に叩く幼児もいました。

 

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 3名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

朝顔の種植え(さくら・まつ・たけ)

年長のさくら組、まつ組、たけ組の幼児たちが

朝顔の種植えを行いました。

 

朝顔の種は、年長児一人一人が自分の鉢に植えます。

まず、バスの運転手さんに自分の鉢に土を入れていただきました。

 

入れてもらう前には「おねがいします」

入れてもらった後には「ありがとうございました」

を言える幼児もいました。

 

 

鉢の準備ができら、いよいよ種を植えます。

 

「間をあけて、3つ穴を開けましょう」と伝えました。

 

すると…

三角形だったり、横一直線だったり、斜め一直線だったり、

自分たちなりに考えて開けていました。

 

 

そして、先生から種を受け取り、実際に植えていきます。

 

種を植えた後には、「おふとんをかけるように、やさしく土をかけてあげてね」と伝えました。

 

種植えが終わったら、水やりです。

どんな色の花が咲くのか、楽しみにしながら、観察していきましょうね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆