ハロウィン制作(まつ・たけ)

今日は「こもど11月号」の表紙づくりで

ハロウィン🎃にちなみ「おばけ」と「かぼちゃ」を折り紙で折りました。

 

折り方が難しいので、一つずつポイントを伝えながら折りました。

「端をそろえてアイロンする」ことを、いつも伝えているので

丁寧に折る幼児が増えていました。

 

折り方が難しくても、まずは自分でやってみて

どうしてもわからない時には隣の友達や教師に尋ねる姿が見られます。

折ることができたら、台紙に貼りつけて周りに絵を描いていきました。

 

ハロウィンについて、どんなイメージがあるか尋ねると

「がいこつ」「ゾンビ」「こうもり」「アメ🍬」と

いろいろなものが思いついたようでした。

 

絵を描いていくと、夜をイメージして星を描いている幼児もいました。

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 9名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

愛顔(えがお)の子ども食堂(たけ・ゆり)

愛媛県産の養殖魚(マダイ・ブリ・クロマグロ)や牛肉(伊予牛絹の味)を使用した料理を通して

「食」に関する知識とバランスの良い「食」を選択する力を身に付けてほしいという願いのもと、

愛媛県内の幼稚園などで

「愛顔(えがお)の子ども食堂」が実施されています。

 

この事業は、令和2年8月から始まり、令和3年1月まで続くそうです。

 

料理研究家の中村和憲先生と丹下真奈アナウンサーがお越しくださり

今日の給食の食材の一つである「マダイ」についてお話をしてくださりました。

 

たけ組の幼児が代表してお話を聞きました。

 

準備されている魚のパネルを見て

「タイだ~!」「見たことがある!!」と

興奮気味の幼児たち。

新型コロナウイルスの影響により、マダイの消費が減っていることを教えていただき

養殖されている動画を見せていただきました。

 

質問されたことにも、元気よく答えていました。

マダイの養殖使われている餌やいけすに疑問を持つ幼児もいて

質問する幼児もいました。

マダイについて理解を深めた幼児たち。

 

いよいよ給食です。

 

隣の友達と「せ~の」でふたを開けている幼児もいました。

「ぷりぷりしてる!」

「あぶらがのってるね!」

「おにくみたい!」と

マダイはとても美味しかったようです。

 

魚やソースが苦手な幼児もいましたが

中村先生から「子どもの頃は舌が敏感なので、一口でも食べて味を覚えてほしい」とお話があったこともあり

一口でも食べようとする姿が見られました。

 

一口食べて味を感じると「たべれるかも」と思ったのか

二口、三口と食べていました。

 

そして、今日はみんな完食!で

「みんな、はやいね~」と喜び合う姿が見られました。

 

 

お魚に続いて、お米のお話です。

 

ゆり組では、バケツで稲を育てていました。

 

しかし…、お盆休中に干上がってしまい、枯れてしまいました😢

 

それでも幼児たちが楽しみにしていたので、実際の稲を用意することにしました。

 

枯れてしまったことを伝えたときは、少し残念そうにしていましたが

稲を見るとすぐに興味をもっていました。

先についている種もみを見せると

「きいろだー!」

「さわるとちょっとつんつんしてる」

「まえにさわったはっぱみたいにザラザラ~」と

見たり触ったりして発見があった幼児たち。

 

 

お米の洋服のもみを取り除くと、幼児たちの見覚えのあるお米の姿が見えて

「あ!とうめいのごはん!」と目をキラキラさせていました。

 

 

お米ができるまでには、長い時間をかけて作ってくれる人たちがいることを伝え

「明日からご飯を残さずに食べようね」とみんなで約束しました。

 

ご飯だけではなく、野菜も残さずにがんばって食べられるようになってほしいなと思っています。

 

 

改めて、今日の給食です!

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 8名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

みんなでそろって(たけ・ひまわり・つくし)

運動会までが一日一日と近づいています。

 

練習を積み重ねてきたことが、形になってきています。

 

うまくできなかったときは悔しいようで、

みんなでそろってうまくいくようにと

自分たちから進んで練習する姿が見られます。

 

「がんばれ!」と応援する友達の声が励みになっています。

年中のひまわり組の側転の練習の様子です。

 

側転には

「回る」「立つ」といったバランスをとる動き

「歩く(走る)」「跳ねる」といった移動を伴う動きがあります。

 

側転は、複雑な動きが組み合わさってできるようになります。

 

 

側転の練習を始めて、戸惑うことの一つが「手のつき方」です。

 

戸惑っている幼児には、「逆立ちをしてみてごらん」と声を掛けます。

 

逆立ちをしようとすると、ど

左右どちらかの足を上げて、勢いをつけようとします。

 

「どちらの足をあげるか」を私たちは見ています。

 

側転をする時に

左足を上げる幼児は左手を手前に

右足を上げる幼児は右手を手前に

つくからです。

 

幼児たちには、分かりやすいように

赤と黄色のテープをはり

「●●ちゃんは、赤いテープの方にてをついてごらん」

と伝えています。

 

初めはたどたどしい幼児も、繰り返し練習することで

戸惑わずにできるようになってきています。

 

秋分が近づき、朝夕も涼しくなってきました。

 

曼殊沙華の赤い花を見かけることも多くなり、秋らしい日が増えています。

 

幼児に季節の移り変わりを感じてほしいと思い、

園内で流す歌や、歌う歌も秋の歌が多くなっています。

 

秋の歌と言えば、

「どんぐりころころ」「まつぼっくり」「きのこ」があります。

 

今のところは、感染対策をしながらということで

大きな声で歌うことはできませんが

歌詞やメロディーを覚えてほしいなと思っています。

 

特に「どんぐりころころ」はお気に入りで

振りをつけ踊っています。

 

 

また、折り紙で折った「どんぐり」を用紙に貼り付けたときには

「どんぐりころころ」の歌詞を思い浮かべて

どんぐりの友達やどじょうを描いている幼児もいました。

本日は、体調不良による欠席 9名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

おじいちゃん、おばちゃんへのプレゼント(さくら・たけ・ばら・たんぽぽ・れんげ)

今年は、9月21日が敬老の日です。

 

 

幼稚園では、各クラスで「おじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼント」を制作しています。

 

 

さくら組では、折り紙を使って、コスモス作りをしました。

 

 

折り紙の端と端をそろえて降り、折った線をはさみで切りました。

 

 

端をそろえるように伝えると丁寧に折り、折った線をはみ出さないように切っていました。

 

 

おじちちゃん、おばあちゃんの顔を画用紙で作る時には

 

「おばあちゃん、かみがながいんよ」

 

「おじいちゃんのかみはしろとくろがまざってる」と

 

大好きなおじいちゃん、おばあちゃんの顔を思い浮かべながら作っていました。

 

たけ組では、おじいちゃん、おばあちゃんへのメッセージを書いていました。

 

 

「おじいちゃん、おばあちゃんにどんな気持ちを伝えたい?」と尋ねると

 

「なかなかあえないけど、だいすき」

 

「なつやすみに、うみでいっしょにおよいでくれて、うれしかった」など

 

いろいろな思いを教えてくれました。

 

 

幼児たちから、どんなメッセージが届くのか、楽しみにしていてください!

 

ばら組では、紙コップと画用紙を使ってプレゼント作りをしています。

 

 

紙コップには絵を描き、今日は、はさみで切り取った画用紙をのりで貼りつけました。

 

 

「のりの量はどのくらいかな?」と尋ねると

 

「ありさんくらい!」

 

「ちょっと!」

 

「あかちゃんのゆびのつめくらい!」と

 

”少し”の量であることを意識できていました。

 

たんぽぽ組では、はさみを使って画用紙を切って「顔」と「髪の毛」を作りました。

 

 

「はさみの持ち方はどうだったかな?」と尋ねると

 

「バキューン」の形をして見せてくれました。

 

 

はさみの持ち方もしっかりと身についてきました。

 

れんげ組では、カードに絵を描きました。

 

 

描いているものは、おじいちゃん、おばっちゃんが好きなものです。

 

 

カードの顔は幼児たちの顔です。

 

 

「マスカットがすきなんよ」

 

「おのね、おはながすきなんよ」と

 

おじいちゃん、おばあちゃんが好きなものをたくさん教えてくれました。

 

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 9名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

目指せ一等賞(さくら・たけ・なでしこ)

年長児にとっての最後の運動会。

 

みんなで力を合わせてがんばろうと、心を一つにして練習にも取り組み

やる気に満ちあふれています。

 

さくら組とたけ組は、ボール運びの練習をしました。

 

ボール運びは、一等賞になるとトロフィー🏆がもらえることを練習前に伝えると

「まんなかさんのときにもらったよ」

「ほしい!」と練習に力が入っていました。

 

練習を始めると、次の人たちへの受け渡しが難しいようで

ボールが落ちて転がってしまったり

ゆっくり歩いたりする姿が見られ

見た目よりも難しかったようでした。

 

練習をしていくと、ペアの友達と走るスピードを合わせたり

慎重かつ速く運ぼうとする姿が見られました。

 

「ほんばんではかてるかな?」と運動会本番を心待ちにしているようでした。

 

友達と協力し、一人ひとりが力を発揮し、楽しめる運動会になればと思います。

 

なでしこ組の鍵盤ハーモニカの練習の様子です。

 

一学期は、CDの音楽に合わせて一つ一つの音を確認しなら練習を進めてきました。

 

二学期は、楽譜を見て弾く練習をしています。

 

「なつやすみに、おうちでれんしゅうしてきたかな?」と尋ねると

みんな元気よく手を上げて、練習してきたことをアピールしていました。

 

鍵盤ハーモニカで演奏する前に、まず楽譜を見て階名で歌い、リズムをとります。

今日は、「かえるのうた」と「きらきらぼし」の練習をしました。

 

毎日続けることで、少しずつ上手になっています。

 

「できることは面白い」というように、

上手く演奏できた時にはうれしいようで

「ドレミファミレド~♪」と口ずさみながら片づけをする姿も見られました。

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 1名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

おおきくなったかな?

すみれ組は、月に一度の身体測定をしました。

 

先月までは教室で行っていましたが、

今月からは測定場所に移動して行いました。

 

移動するときには、並んで移動します。

教室からホールに移動するとき、戸外で歩くときなど

毎日のように並ぶ機会があります。

順番も覚え、自分たちで並べるようになりました。

 

また、並んで歩く時にも、前のお友達を抜いて歩くことも少なくなりました。

 

身体測定では

身長が伸び、体重が増えていることを伝えると

「やった~!ごはんをいっぱいたべたけん、おおきくなっとる!」

「おやさいたべたもんね!」と喜んでいる幼児がたくさんいました!

たけ組には、『カブトムシ』がいます。

先日、クラスの幼児がカブトムシを3匹持ってきてくれました。

 

絵本で見たことはあっても、女児の中には

「にがて…」という幼児もいました。

 

しかし、餌をあげたり、水をあげたりしていると

その様子をのぞき込む姿が見られました。

 

かごの中からカブトムシを出してみると触ることは難しくても

興味津々で見ていました。

 

そこで、かごに戻して観察すると

「つのがうごいた!」

「とまってねているのかな?」と

気づきがあったようでした。

着替えや活動の準備など、時間を気にして行動できるように

タイマーを使って目標時間を決めることがあります。

 

幼児たちは、ゲーム感覚でがんばろうとする姿が見られるようになりました。

 

みんなが目標時間までにできた時には

ホールで遊んだり、ゲームをしたりしています。

 

こすもす組では、『宝探し』をしました。

先生が、教室の中にメダルを隠します。

 

宝探しの約束は

「見つけた人がもらうこと」

「泣かないこと」です。

 

「どこにあるの?」

「ほしいんだけどな~」と

先生に尋ねる幼児もいます。

 

みんなキラキラ✨のメダルを目指して、スタートです!

 

「あった!」と見つけると満面の笑み!!

今日は、11個のメダルがありましたが、

10分ですべて見つかりました!

本日は、体調不良による欠席 4名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

よめるかな~

れんげ組の様子です。

 

年少児は、平仮名の50音を読むことに挑戦しています。

 

一人ひとりに作った特製「アンパンマンパソコン」で覚えている文字を確認しています。

 

アンパンマンパソコンには、50音を関連付けられるようにイラストものっています。

また、あわせて文字のカードも使って、興味を持って覚えられるようにしています。

 

「〇ちゃんの”あ”だ!」と教えてくれたり

「これはだれ?」と尋ねたりするようになりました。

 

50音すべてが読める幼児もいます。

 

これからも、みんなが覚えられるように楽しみながら取り組んでいきます。

たけ組では、新聞紙を使ってゲームをしました。

 

新聞紙を1ページ分渡すと

以前したことがある「じゃんけんゲームをするの?」と

幼児が尋ねてきました。

 

今日は、じゃんけんゲームではなく、

新聞のたくさんの文字の中から、自分の名前の文字を見つけて

〇印をつけていくということをしました。

 

ひらがな、カタカナが読め、漢字にも触れる機会がある年長児たち。

目を凝らして探すと「あった!」と喜んでいました。

 

友達と一緒に探したり

「かなこ先生の文字もあった!」と

自分なりに考えて楽しむ姿も見られました。

 

文字を探した後には、

「新聞紙が途中で切れないように長くする」

ということをしました。

 

端からゆっくりと、慎重にちぎっている姿が微笑ましかったです。

 

最後には、自分の背丈と比べている幼児もいました。

 

「新聞紙という一つのものでも、いろいろな遊び方があるね」と伝えると

「また、ちがうこともしたい!」

「しんぶんってすごいね!」と

興味をもったようでした。

今日は、雨が降り、みんなが大好きな戸外遊びができませんでした。

 

ホールも密になりすぎないように、順番に使っています。

 

そこで、ばら組は、部屋でダンスをしました。

 

みんながよく知っている『パプリカ』の曲でダンスをした後は、

幼児たちのリクエストがあり

今日は「ラーメン体操」を踊りました。

 

イントロ♬が流れると、幼児たちから歓声がおこりました。

 

ラーメンを食べる動作に合わせて、

腰をふったり、深呼吸をしたりして

ノリノリでダンスをしていました。

 

とってもユニークな振りつけなので、

ぜひ、家庭でも見てあげてください!

本日は、体調不良による欠席 5名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

柔軟体操

年少児は、『サーキット遊び』や『戸外遊び』をして、体を動かす活動をしてきました。

 

サーキットの内容は、少しずつ変わるため、お手本として、代表の幼児にしてもらっていました。

 

「今日のお手本をしてくれる人?」とたずねると

 

元気よく「はい!」と手を上げてくれます。

 

積極的に手を上げることは、脳の発達にもよいそうです。

 

積極性をいつまでも持ち続けてほしいと思います。

 

 

 

今日は、コスモスポーツクラブの井上先生による体操指導の日です。

 

すずらん組は、柔軟体操を行いました。

 

はじめてなので、長座、開脚、ダルマ、アザラシ、カメの基本の形を教わりました。

 

お兄さん、お姉さんのいる幼児は

「しっているよ!」「わかる!」「できる!」と

ここでも積極的にして見せてくれました。

 

アザラシの形をする時には

「オッ、オッ、オッ!」と

本物のアザラシの鳴き声をする幼児もいました。

年長児の体操の様子です。

 

まずは側転です。

 

先生の笛の合図でスタートします。

駆け足をして、踏み切ります。

しっかりと踏み切ると、床からこんなに足が離れています。

側転が終わったら、手を上げてポーズ!

男児は、『三点倒立』と『逆立ち歩き』

女児は、『ブリッジ回転』と『前回転』の練習をしています。

 

できるようになると

「せんせい、10ぽあるけたよ」

「まえかいてんチョキ、できた!」と教えてくれます。

 

できたことが自信となり、進んで練習するので、さらに、できるようになっています!

年中のなでしこ組の様子です。

 

年中児は友達との関わりが少しずつ変わってきています。

 

年少の頃のなじみのある友達と関わりが多くみられていましたが、

最近では、気の合う友達を見つけて遊ぶ姿が見られるようになりました。

 

「〇〇くん、いっしょにブロックしよ!」

「ままごとしよや!」

と一緒に遊びたい友達に自分から関わったり

 

戸外では砂場で遊んでいると

「かいがらみつけたけん、□□ちゃんあげる!」と言ったり

「ブルドーザーがすなはこんでくるよ!●●くんみよって!」

と話しながら遊んだりする姿が見られます。

 

これからもクラスの活動や遊びを通して、友達との輪が広がってほしいと願っています。

 

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 6名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆ 

時の記念日

6月10日は「時の記念日」です。

 

たけ組では、前日に「明日、時計作りをするよ」と伝えると

「なんで、つくるの?」と不思議そうにしていました。

 

当日、登園してくると

「きょうはとけいのひなの?」と

お家に帰ってから幼児なりに考えたようでした。

 

「時の記念日は、時間を大切であることをみんなに広めるために作られた日です。」

「日本で初めての時計が鐘を打ったのが6月10日だったから、今日が時の記念日なんだよ。」

と伝えました。

 

すると、「とけいがないとなんじかもわからんよね。」と

時計のありがたさを感じたようでした。

折り紙で作った時計に、自分で数字を書き入れました。

 

数字を書き入れる前に、数字の配置の話をしました。

 

教室にある時計の周りには、今が何分かわかるように

1のところには「5」

2のところには「10」のように数字を貼っています。

 

「なんぷんかわかるようになったよ!」と覚えた幼児もいるようでした。

時計ができ、腕につけると、

「わたしのとけい!」と友達と見せ合いをして自慢していまいした。

こすもす組では、

「〇分までにできるかな?」と声を掛けて、

活動の準備や着替えをすることで

少しずつ時間を気にして行動する幼児が増えてきました。

そうすることで、キビキビ行動するようになったように感じます。

 

今日は、時の記念日ということで

時間の大切さに気づけるように話をしました。

 

そして、一人ひとりが個性豊かな時計を作りました。

 

時計には、チェックやフルーツの模様を描き

数字を書き入れて素敵な時計ができました。

 

できた時計を腕につけると、

モールでつけた時計の針を動かして

自分の好きな時間に合わせて楽しんでいました。

 

「みんなこの時計をつけてどこに行きたいかな?」とたずねると

「こうえん!」「すいぞくかん!」「どうぶつえん!」と

自分たちの大好きな場所に付けていきたいようでした。

つくし組では、リズム遊びとして、流れてくる曲に合わせて

カスタネットを叩くことをしています。

 

その中で、幼児への呼びかけで

「つくしぐみさん」「(うん)」「はあい」と3つのリズムで

返事ができるように5月から繰り返し練習しました。

 

リズム遊びの時だけでなく、集中してほしい場面でこの呼びかけをしています。

 

また、自由に叩いている時も

先生が「3・2・1・0」の合図で

音がピタッと鳴りやむこともでてきました。

 

今日は、「つくしくみさん」のところを

「おとこのこ」や「おんなのこ」に変えて呼びかけてみたところ

自分が当てはまらない時にはお休みで待つこともできていました。

 

どんなことも、毎日続けることで習慣づいていきます。

朝の支度、活動の準備、並び順も

自分たちだけできるようにしていきます!

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 5名

    溶連菌感染症による欠席 1名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆ 

ハサミを使ってみよう

つくし組では、初めてハサミを使った活動を行いました。

 

ハサミを手にすると、ウキウキしているようでした。

 

休園中に動画配信した「ハサミの使い方」を見た幼児が多いようで

「ハサミをどうやって持つか知ってる?」とたずねると

「バキューンするんよ!」とハサミを持つ指をして見せてくれました。

 

今日は、線に沿って切る練習をしました。

 

まずは、「一発切り」をしまいた。

 

ハサミを持って一回でチョッキンと切ってみました。

 

線のところにハサミを合わせるのが難しそうでしたが、

自分のペースで最後まで切ることができました。

今日は白色の紙を切ったので、切った後には、手のひらに乗せて…

 

「3・2・1・0」の掛け声で、頭上に投げ上げて花吹雪のようにして遊びました。

 

花吹雪をした後には、

「こんどは、いろのついたかみをきって、はなふぶきをしようね。」という幼児もいました。

 

ハサミは、使い方を誤ると、危険です。

だからといって、使わないと上手にはなりません。

ハサミでいろいろな形に切れるよう練習していきたいと思います。

 

合唱ができなかったり、鍵盤ハーモニカの練習がなかったりして

音楽に触れる機会が少なくなっています。

 

 

放送で、音楽が流れてくると思わず口ずさんでしまう幼児も多いです。

 

 

たけ組では、楽譜を見て演奏したり、音楽を楽しんだりできるように

カスタネットを使ってリズム打ちをしました。

 

 

音符や休符を覚え、音符を書くと自分でリズムがとれるようになっています。

 

みんなで同じリズムでしたり

いろいろなリズムを使って合奏のようにしたりすると

幼児たちは、うれしそうに顔を見合わせていました。

 

 

「もっとむずかしいのでしたい♬」と言う幼児もいました。

 

 

今週に入って、鍵盤ハーモニカを持ってきてもらいました。

 

 

指づかいの練習や少人数での練習から始めていく予定です。

 

ひまわり組では、「カードめくりゲーム」をしました。

 

カードは片面が「水色」、もう片面が「赤色」になっています。

置いてあるカードを、自分のチームの色に変えていくゲームです。

 

1 まず2チームに分かれて、向かい合って座ります。

2 2チームの間に、水色と赤色のカードを同数になるように並べます。

3 「よーいスタート」の合図で、カードを自分のチームの色にめくっていきます。

4 「終了」の合図で、最初に座っていたところに戻ります。

 

カードを並べるのも自分たちで行いました。

 

ゲームが始まると、見ている幼児たちから自然と「がんばれ!」の応援の声が聞かれました。

クラスの友達を思いやる心が育ってきていることを感じます。

 

ゲームが終了すると、「1枚、2枚…」と数をかぞえていきました。

どちらのチームが多く、どちらのチームが少ないかなど、数に興味を持つこともできました。

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 4名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆