明日は運動会(ゆり・なでしこ)

いよいよ明日は運動会です!

運動会、がんばるぞ!

開会式リハーサル

愛媛県武道館で開会式のリハーサルを行いました。

全員揃っての練習は、今回が最後となります。

写真は2階席最上段から見下ろしたところです。

左側から

たけ組、まつ組、さくら組、ゆり組、ばら組、つくし組、すみれ組、

たんぽぽ組(中央のライン上になります)

れんげ組、なでしこ組、ひまわり組、こすもす組、うめ組、もも組

となります。

年長は、組体操の練習を行いました。

 

男児は三転倒立を披露します。

1クラスずつが、トラックの中心での発表です。

女児はブリッジ回転を披露します。

クラスごとに円になります。

左から、たけ組、もも組、さくら組、うめ組、まつ組の順となります。

会場での練習は明日が最後。

自信をもって本番が迎えられるよう準備を整えていきます!

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

水遊び(年中)

気温が30℃を越える暑い一日となりました。

少しでも涼もうと年中児が、午後から水遊びをしました。

足を水につけたり、手を洗ったりだけですが、少しは涼めたのではないかなと思います。

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

花火(年中)

今日は、運動会の会場となる愛媛県武道館での練習です。

年中児にとっては、昨年度の運動会以来となります。

今日は、「かけっこ」と「パラバルーン」の練習を行いました。

本部席側から見た写真です。

本部席側の奥から、なでしこ、ばら、ゆり

入場門側が奥からひまわり、こすもす

となります。


パラバルーンの見所の一つが「花火」。

ドラえもんも一緒に打ち上がります。

1階の客席には、花火の後転がっていくかもしれません。

どれくらい高く上がるか、楽しみにしていてくださいね!

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

パラバルーン(年中)

年中児は、松山市青少年センターで運動会の練習を行いました。

年中児は、運動会で「パラバルーン」を披露します。

担任の先生がバルーンの中心に立つ「アサガオ」「ひまわり」

幼児がバルーンの内側に立って「コップ」

バルーンを膨らませて、内側にみんなが入って「帽子」

床に寝転がり、バルーンを足で振動させる「お花畑」

日頃積み重ねている、ブリッジも演目の中で披露します!

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

体操の時間には…(ばら)

一日一日と気温が高くなってきました。

少し体を動かすと、汗が流れてきます。

体操の時間には、体育館で「かけっこ」「壁逆立ち」「側転」の練習をしています。

 

「かけっこ」では、直線を走っています。

直線を走るからこそ、わかることがあります。

まだまだ、体幹がしっかりしていないので、

全力で走ろうとすると「まっすぐ走る」ことができない幼児がいます。

これから、たくさん走り、たくさん戸外を遊ぶことで、必要な力がついてきます。

 

側転でも、床を蹴る「脚力」が必要です。

また、手をついて自分の体重を支える力も必要です。

マットを積み重ねて練習をしていますが、平坦なところで上手にできる幼児もでてきました。

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

新しい粘土

新年度になり、幼児の粘土も新しくなりました。

新しい粘土は、固くてそのままでは遊べません。

 

引きちぎったり

ねじったり

フタで切ってみたり

幼児なりに考えて遊び始めています!

 

幼児たちが「ちぎって」と言ってきても

年中児、年長児の時には、「どうしたらいいかな?」と見守るようにしています。

固い粘土を引きちぎるのには、かなりの力が必要です。

遊びの中で、必要な力が培われていくので、

幼児が考えてやってみるということが大切です。

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

ジャガイモ植え(年中)

昨日までが寒かったこともあり、今日はとても暖かく感じました。

年中児は、散歩をしながら近くの畑まで歩いていき、ジャガイモ植えを行いました。

畑に到着すると、ジャガイモの植え方を、教えていただき

一人ずつ種芋をもらって

両手でギュッと握り、落とさないように大事にしながら

ゴツゴツした土の感触を味わいながら

畑の中に入っていきました。

友達と種芋の形を見比べたり

「おおきくな~れ!」と魔法を掛けながら

土をかぶせていました。

年長に進級して、5月には「芋掘り」を行います。

今日植えた種芋がどのように生長していくのか

時々散歩に行って観察したいと思います。

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

 

 

体操(年中)

発表会での年長字のかっこいい姿に刺激を受け、

年中児たちも体操で「できるようになりたい」という思いが出てきているようです。

側転、ブリッジ回転、跳び箱がきれいにできるように、しっかりと柔軟体操をしたり

逆立ち歩きができるように、手踏みをしたりしています。

できるようになるまでには、何回も何回も繰り返し練習する必要があります。

また、柔軟や手踏みなども日々積み重ねていく必要があります。

「あと○回やってみようか」

「昨日より、開脚がひらくようになったね」など

幼児がやる気になる言葉を掛けながら、練習を積み重ねていきます。

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

カルタ遊び(ひまわり)

今、幼児たちの一番の関心は「クリスマスプレゼント」。

サンタさんからのプレゼントを胸をワクワクさせながら過ごしています。

 

ひまわり組では、「カルタ遊び」をしていました。

カルタ遊びは一人ではできません。

クラスの友達に声を掛けることから始まります。

そして、読み手と取る人の役割を決めます。

 

役割を決めた後には、札を読み上げるのを聞いて、

言葉から連想されるカードを選び

「これだ!」という札を誰よりも早く見つける必要があります。

 

カルタ遊びでは、友達と一緒に遊ぶ「協同性」

札を読むことによる「言葉による伝えあい」

読んでもらったことから連想する「文字への関心」

そして、体を使って札をとる反射神経が養われます。

 

お正月にはご家庭でも、家族、ご親戚が集まる機会があると思います。

お子様と一緒にカルタ遊びをしてみてはいかがでしょうか?

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆