子どもたちへのメッセージ【ムダなことはない】

挑戦していることが

すぐにできないからと言って

あきらめることはありません。

 

挑戦することが

成長につながるからです。

 

「挑戦していることができた」

「植物が大きくなる」

「花が咲く」

「実がなる」は

目に見えてわかる成長です。

 

しかし、成長は目に見えるものばかりではありません。

 

「力をつけてくる」

「植物が根を張り、伸ばす」のは

目に見えなくても成長です。

 

目に見えない成長があるから

目に見える成長があるのです。

 

だから、できなくても

結果が出なくても

地道に続けることが大切です。

 

さあ、どんなことに挑戦しますか?

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【読み返す】

本を読むと

新しい知識が得られたり

気づきがあったりします。

 

だけど、時間の経過と共に

少しずつ忘れていきます。

 

だから、何日か経ったら

もう一度本を読み返してみよう。

 

前に読んだ時とは

違った感想や気づきが

得られることもあります。

 

読むときの状況によって

とらえ方も違ってくるからです。

 

何回も読むことで

本を書いた人の

本当に伝えたり思いがわかることもあります。

 

一度手にした本です。

大切に何回も読み返してみてくださいね。

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【鏡びらき】

今日は、お正月に供えていた鏡もちを下げて食べて

年神様をお送りする『鏡びらき』です。

 

鏡もちには年神様の魂が宿っているとされ

鏡もちを食べることで

今年一年病気にかからないとも言われます。

 

鏡もちは、大きいものが多いので

そのままでは食べられません。

 

そのため、手や木槌で小さくします。

 

木槌で叩くと割れますが

『割る』という言葉が縁起が悪いと考えられ

末広がりを意味する「ひらく」を使うようになりました。

 

鏡もちをいただいて、丈夫な体を作りましょう!

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【表情】

まだまだ寒い日が続いています。

 

寒くなると筋肉がかたくなり

表情にも影響を与えます。

意識しないと無表情になりがちです。

 

表情は自分には見えなくても

まわりの人にはよく見えています。

 

どんな感情なのがわかってしまいます。

 

また、人間は表情ごとに

その時にどんな気持ちになったか覚えています。

 

そのため、口の端(口角)が下がっていると

怒ったり、つまらなかったり、うまくいかなかったりしたことを思い出し

力を発揮できなくなります。

 

一方、口角を上げているときは

気分が良い時を思い出して

その時と同じ状態になり

力を発揮しやすくなります。

 

口角があがっているか意識してみよう!

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【言葉】

私たちは、毎日、たくさんの言葉を使って話しています。

 

相手に話すばかりでなく

ひとり言であったり

心の中でのつぶやきにも

言葉を使っています。

 

一日に使っている言葉の数は

約5万語くらいだそうです。

 

「こんなに話しているの?」と思った人もいるでしょう。

 

こんなにたくさん言葉を使っているからこそ、

言葉は人に力を与えてくれたり

人を傷つけたりもします。

 

「やった~!」「よっしゃー!」「がんばれ!」という言葉を聞くと

嬉しくなったり、楽しくなったり、やる気がでてきたりします。

 

私たちにとって、プラスの言葉です。

 

プラスの言葉を使っていると

それを言いたくなるようなことを

引き寄せてくれます。

 

今日は、どんな言葉をたくさん使いますか?

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【始業式】

今日は3学期の始業式です。

 

2週間あまりの冬休みが終わりました。

冬休みには、クリスマス、お正月がありましたね。

楽しいこと、嬉しかったこと、思い出に残ったことが

あったんじゃないかな。

 

一人ひとり、みんな違った冬休みだったと思います。

久しぶりに会う先生や友達にお話をして

楽しさや嬉しさをおすそ分けしてあげてくださいね!

 

さぁ、何から話そうか?

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【みんな不完全】

みなさんから大人を見てみると

いろいろなことができるので

すごいなと感じるかもしれません。

 

だけど、大人だって

得意なこと、不得意なことが

誰にでもあるのです。

 

得意なことは自分のためだけでなく

周りの人のために

活かしていっています。

 

反対に不得意なことは

周りの人たちに助けてもらっています。

 

しかし…

自分では、できることが当たり前で

得意なことだということに

気づいていないことがあります。

 

だから、周りの人が

「すごいね~」と伝えてあげることも大切です。

 

今日は、何人のために

役立つことができたかな?

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【手洗い・うがい】

気温が高かったり低かったり

体調を崩しやすくなってきました。

 

また、暖房を使うことも多くなり

乾燥した部屋で過ごすことも増えています。

 

体調を崩すと

熱や鼻水が出たり

咳やくしゃみをしたりします。

 

鼻をかんだり

鼻を手でこすったり

くしゃみ、咳をするときに

手で覆ったりします。

 

この時に、ウイルスがたくさん

手についています。

 

その手で、ドアのノブを触ったり

手すりを触ったりして

その後に他の人が触ると

ウイルスが相手に移ってしまい

病気にかかってしまうこともあります。

 

手洗いやうがいをするのは

自分のためでもあり

周りで一緒に過ごすためでもあります。

 

お家に帰ったとき、トイレに行ったとき、食事をするときには

手洗いをしましょうね。

 

今日は、何回手洗いをしたかな?

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【大雪(たいせつ)】

今週は25℃を超える日があったかと思えば

今日は大雪が降っている地域があるそうです。

 

今日は二十四節気の「大雪(たいせつ)」です。

大雪とは

平野にも降雪があり

暖かい地域でも氷がはるほど気温が下がり

熊も冬眠を始めることだと言われます。

 

また、魚の鰤(ぶり)がおいしい時期にもなります。

 

これから、本格的に冬らしくなります。

 

みんなは、どんなところで冬を感じるかな?

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【大きな違いになる】

年長の皆さんは

発表会に向けて

体操の練習をがんばっていますね。

 

今ではできるようになってきた

「逆立ち歩き」「ブリッジ回転」「跳び箱」など

初めからいきなりできたわけではないですね。

 

はじめは、できなかったけど

コツコツと練習をすることで

力をつけてできるようになりました。

 

「今日は練習しなくてもいいかな」と思うことが

あるかもしれません。

 

「しなくてもいいかな」が積み重なると

コツコツがんばっている人との差は

一日一日大きなものになっていきます。

 

わずかな差が、いつか大きな差になるのです。

 

今日はどんなことを積み重ねていきますか?

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆