子どもたちへのメッセージ【鏡開き】

今日は、鏡開きです。

 

歳神さまに、お供えしていた鏡餅を

木槌や手で割っていただきます。

どうして、木槌を使い、刃物を使わないかというと

刃物は「切る」ということが

縁起が悪いとされていたからです。

 

「開き」としているのは、

開くということが末広がりで

縁起がよいことからきているそうです。

 

また、鏡餅を食べると力持ちになるとも

言われています。

 

お家に鏡餅をお供えしている人は

おいしくいただいてくださいね!

 

子どもたちへのメッセージ【形は変わっても】

今朝は雨からみぞれに変わり

そして雪もチラチラと舞っていました。

 

雨もみぞれも雪も

形は違うけれど

元をたどれば同じ水なんです。

 

気温が下がることで

形を変えているのです。

 

みぞれ、雪は気温の低い

冬にしか降りません。

 

たくさん降ると大変だけど

少し積もると嬉しくなりますね!

子どもたちへのメッセージ【小寒】

今日は、二十四節気の「小寒」です。
 
一年で一番寒くなる時期であることから
「寒の入り」とも言い
「節分」までを「寒の内」と言います。
 
松山でも雪がちらついたり
氷がはったりすることがあります。
 
「寒い時期なんかなかったらいいのに…」
と思う人がいるかもしれません。
 
だけど…
寒い時期があるからこそ
春を暖かいと感じることができるのです。
 
春に咲く「サクラ」も
寒い時期がなければ
花を咲かせることができません
 
眠っていた花の芽が
寒さによって目を覚まし
それから暖かくなることで
きれいな花を咲かせるのです。
 
寒い時期は悪いことばかりではありません。
 
空気が澄んでいて
夜空の星がとてもきれいに見えます。
 
暖をとりながら
夜空を見上げてみてくださいね!

子どもたちへのメッセージ【終業式】

暑い夏の終わりに始まった2学期も

今日で終業式を迎えました。

 

2学期にはどんなことがあったかな?

お店屋さんごっこ

どうぶつ園への遠足

運動会

おもちつきなどの行事もありました。

 

絵を描いたり

制作をしたり

友達と一緒に遊んだり

たくさんのことを経験しました。

 

思い出に残っていることは

一人ひとり違うことだと思います。

 

どんなことが楽しかったか

思い出に残ったかを

お話してみましょう。

 

「へ~、そうなんだ」と思うような

発見もありますよ。

子どもたちへのメッセージ【道を歩く】

冬至が近づき、太陽が出ている時間が短くなってきています。

日が暮れるのも早くなり、

夕方の5時には暗くなっています。

 

これから、年末に向けてあわただしくなり

人の気持ちも落ち着かなくなりやすい時期です。

 

道路に出るときには車が来ていないか

確認することはもちろんのこと

道路を歩いているときにも

車には十分気をつけましょう。

 

特に、夕方は車からも小さな皆さんは

見えにくくなります。

 

できる限り、大人と一緒に

歩くようにしましょうね!

 

子どもたちへのメッセージ【予防】

幼稚園でもインフルエンザに感染してお休みする人が

増えてきました。

 

気をついていても、いつの間にか感染してしまう可能性があります。

 

だからと言って、何もしないでいいというわけではありません。

 

みなさんもインフルエンザに罹らないように

予防することができます。

 

一つ目は、手洗い、うがいです。

屋外から帰ってきたときはもちろんですが

それ以外でも、何回も丁寧に手洗い、うがいすることです。

 

二つ目は、栄養補給です。

食事をしっかりとることで

丈夫な体をつくることができます。

 

三つめは、休養をとるです。

夜ふかしをするのではなく

早寝早起きを心がけて

しっかりと休養することです。

 

まだまだインフルエンザ流行の季節が続きます。

毎日、自分でできる予防をしていきましょう!

 

子どもたちへのメッセージ【笑顔】

一生懸命になっている真剣な表情もいいけど

力を発揮するには「笑顔」も必要です。

 

笑顔でいると

明るくなったり

落ち着いたり

リラックスしたり

することができ

自分の力を十分に発揮することができます。

 

「楽しくないから笑顔になれない」

という人がいるかもしれません。

 

楽しくなくても笑顔でいると

同じようか効果が得られるのです。

 

楽しいかどうかよりも

笑顔でいることが大切なんです!

 

鏡を見たとき

人に出会ったとき

自分の出番のと

口角をあげて笑顔をつくってみましょう!

子どもたちへのメッセージ【お楽しみ会】

今日はお楽しみ会です!

サンタさん🎅が皆さんに会いに来てくれます!

大きな声で歌を歌ったり

先生たちが出し物をしてくれたり

サンタさんに質問をしたり

一緒に写真を写したり…

楽しいことがいっぱいです!

 

クリスマス間近のサンタさんは大忙し。

サンタさんはどうやって幼稚園までやってくるのかな?

子どもたちへのメッセージ【できるとは】

テレビを見たり

本を読んだり

教えてもらったりすると

「わかった、わかった」と

自分もできるだろうと思うことがありませんか。

 

だけど、

実際にやってみると

簡単にはできない…ということが

ほとんどだと思います。

 

「わかった」「しっている」と

「できる」では大きく違うのです。

 

大きな違いは、行動しているかどうかです。

行動することで

すぐにはできなくても

少しずつできることに近づいていきます。

 

「わかった」「しっている」という知識も大切です。

それ以上に、行動して

「できる」「できた!」という体験をしてほしいと思います。

子どもたちへのメッセージ【練習する】

今日、明日は「けいおう学習発表会」の

ダンス、劇のリハーサルです。

 

「きんちょうする…」という人も

きっといることでしょう。

 

少しくらい緊張することは、

上手くいくために必要なことなんです。

だから、緊張しても大丈夫なんです。

 

だけど、緊張しすぎると

どう踊るのかを忘れたり

どこが出番かを忘れたり

セリフが出てこなかったりすることがあります。

 

そうならないためにも

日頃の練習が大切です。

 

「れんしゅうだから」と

適当にやっていると

本番で緊張しすぎて

上手くいかなくなります。

 

練習の時から本番と同じ気持ちで

することが大切なんです。

適度な緊張感を持って練習をしていきましょう!