子どもたちへのメッセージ【大きな声であいさつする】

毎日、人と出会っている皆さんは

挨拶をしない日はないと思います。

 

お家では家族に

幼稚園では先生や友達に

そして地域で出会った人に

あいさつをしますね。

 

あいさつはコミュニケーションの基本です。

 

あいさつをすることで親近感が生まれ

会話をするようになります。

 

人間関係も作られていきます。

 

あいさつをする時には

やさしく相手の目を見て

にっこり微笑み

ハキハキト自分からすることです。

 

そうすると、相手は嬉しくなり

元気にしてあげられます。

 

自分からあいさつしていると

周りの人も先にあいさつしてくれ

自分も元気をいただけます。

 

一日のはじまりの

「おはようございます」を

大切にしましょうね!

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【聞く姿勢】

話を聞くときの姿勢は

自分にも話をしている人にも

影響を与えます。

 

良い姿勢で聞いてくれていると

話をしている人は心地よく感じ

「もっと伝えよう」と思います。

 

そうでないときは

「あまり聞いてないから、これぐらいでいいか」と

話半分くらいで終わるかもしれません。

 

また、良い姿勢で聞いていると

疲れることもなく集中でき

頭もさえてきます。

 

自分が良い姿勢でいることで

プラスになることがとても多いのです。

 

話を聞くときには

話をしている人におへそを向け、目を見ること

椅子に座っているときには、お尻を後ろに引き

下腹に少し力を入れ

背中をスッと伸ばしてみましょう!

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【やってみる】

難しそうなことを目の前にしたとき

どうしているかな?

 

やってみる人とあきらめる人に

わかれるんじゃないかな。

 

はじめからあきらめる人は

何も変わることはなく

そこから得られること、成長はありません。

 

同じような場面に出会ったときに

「やらない」を選ぶことが多くなります。

 

やってみる人は、できてもできなくても

成長していきます。

 

できることによって面白さを感じたり

次もやってみようという自信につながります。

 

できなくても「どうやったらできるかな?」と

考えたり、工夫したりすることが

学びになっていきます。

 

本気ですることで、できるようにもなっていきます。

 

すずにできることなんて、多くはありません。

 

周りを見渡してみましょう。

 

難しいと感じているのは

自分だけじゃないと気づくはずだよ。

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【立春】

二十四節気の一つ「立春」を迎えました。

 

立春は、昔の暦では、一年の始まりとされていました。

 

季節を決める基準の日なのです。

 

また、立春は暦の上では、春が始まる日です。

 

これから少しずつ暖かくなっていきます。

 

みなさんの周りでも

冬から春に変わってきたことを感じることが

これから日に日に増えてきます。

 

花でいうと「梅の花」が

これから、どんどん見ごろを迎えます。

 

自分の周りにある春の気配を探してみよう!

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【節分】

節分というと、立春の前日の2月3日が

一般的になっています。

 

元々は立春だけでなく

立夏、立秋、立冬の前日も

節分と呼んでいましたが、

立春から新しい年が始まると考えられ、

今では節分と言えば

2月3日をさすようになりました。

 

節分に行う「豆まき」は

中国から日本に伝わってきた行事です。

 

季節の変わり目には鬼が出てくると言われ、

目には見えない飢饉、災害、病なども

昔は鬼の仕業だと考えられていました。

 

豆が「魔目」に通じることから

「魔の目を射る」ということで

豆まきをするようになったそうです。

 

鬼に負けず、力強く追い払いましょう!

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【小さな一歩】

少しの時間がんばっただけで

できることには限りがあります。

 

また、すぐにできないからといって

あきらめることもありません。

 

できなければ

毎日、少しずつ努力を続けていけばいいのです。

 

続けていくことで

できるようになることも増えてくるでしょう。

 

続けていくことで、

続けられたことが自信にもなっていくでしょう。

 

そのためには、まず、はじめの一歩を

踏み出すことです。

 

あれこれ理由を考えていると

時間ばかりが過ぎていき

積み重ねるのが遅くなってしまいます。

 

小さな一歩を踏み出してみましょう!

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【支え合う】

私たちは、一人では生きていくことはできません。

 

住む場所も

身に付ける衣服も

毎日食べている食事も

たくさんの人の手があってこそ

私たちは当たり前のように

手にすることができるのです。

 

みなさんも、誰かに支えられ

そして、誰かのことを支えているのです。

 

困っている人に声を掛けて話を聞いてあげたり

重い荷物を持っている人がいたら手伝ってあげたり

お年寄りや赤ちゃんを抱っこしている人に

席を譲ってあげたりすることは

みなさんにもできることです。

 

「何かできることはないかな」と

周りを見渡して考えてみましょう!

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【心を整える】

外遊びから帰ってくると靴を履き替えます。

 

その時、脱いだ靴はどうしていますか?

 

脱ぎとばしてしまったり

適当に置いたままにしていないかな?

 

脱いだ靴は、かかとを揃えて丁寧に置くことで

次の活動に移るために

心を整えることができます。

 

また、おもちゃや粘土、クレパス、マーカーなど

遊びにつかったものをそのままにせず

丁寧に片づけることも

同じように心を整えられます。

 

ほんの少しの時間をかけて心を整えることを心掛け

気持ちを切り替えられるようにしましょう!

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【発表会】

明日はいよいよ発表会です。

 

今まで積み重ねてきたことを

お父さん、お母さんや

家族の皆さんに見ていただきます。

 

舞台の上に立つと

緊張からセリフや動きを

忘れてしまったり

間違えてしまったり

失敗したりすることがあるかもしれません。

 

そんなことがあったとしても

慌てることはありません。

 

友達や先生が助けてくれたり

やり直ししたり

もう1回やってみたりすれば

大丈夫なのです。

 

誰にでも起こりうることです。

 

みんなで力を合わせて

発表会を作り上げましょう!

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

子どもたちへのメッセージ【応援の力】

自分一人だけでがんばっていると

あきらめてしまいそうになることがあります。

 

そんな時に…

「がんばれ!」

「あと少しだよ!」

「いい感じだよ!」と

応援の言葉があると

勇気づけられ、がんばる力になります。

 

目には見えないけど

言葉には「言霊(ことだま)」と言って

魂が宿っていると言われます。

 

みんなの心のこもった応援の言葉にも

魂が宿っていて

友達を後押しする力になります。

 

みなさんもまわりから

たくさんの応援をいただいているはずです。

 

いただくだけでなく、

友達に応援の力をプレゼントしましょうね。

 

楽しいから笑顔になるのではなく

笑顔だから楽しくなります!

 

今日もニッコリ笑顔で一日過ごしましょうね!

 

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆