砂場遊び(年中)

4月も下旬となり、日中は暑く感じる日も増えてきました。

 

水を使った遊びも心地よく感じます。

砂場では、みんなで協力して大きな山を作り、水を流して遊んでいる姿が見られました。

 

バケツの中で、砂と水を混ぜ合わせてひっくり返すとケーキの出来上がり!

水を加えることで、形が崩れにくくなることを発見したようです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

動きたくなる環境

園舎の中には、「幼児が自然と動きたくなる」を意識した環境設定がしてあります。

 

コロナ禍で、保護者の皆様に実際に見ていただくことが難しいので

そういった箇所もご紹介していきます。

 

こちらは、ゆり組の近くにある滑り台です。

滑り台の先には、ボールプールがあります。

滑り台と言えば、登る階段があるものですが

滑り降りた後、登る階段はありません。

 

滑ってきたところを登ります。

 

初めは、戸惑いがあった幼児も

四つん這いになったり、

勢いをつけて駆け上ったりしています。

 

登れない幼児がいると

まわりの幼児が手助けする時もあります。

 

便利なだけでなく、不便なことが

幼児の成長につながることもあります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

発表会リハーサル

1月21日に年中児、22日に年長児が、松山市民会館で発表会に向けて

劇と体操発表のリハーサルを行いました。

 

会場の広さ、舞台から見える風景、待機場所など園内とは違うこともあり

最初は戸惑いも見られました。

 

練習が進むにつれて、普段通りの動きになってきました。

 

いよいよ明日は発表会です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

身につけてほしい力(なでしこ・ひまわり)

幼児たちが成長する中で

身につけていってほしい力は様々あります。

 

なでしこ組では、簡単なクイズをしました。

 

ホワイトボードに書いてある問題を読み

①、②のどちらかに手を挙げるようにしました。

 

文を読んで内容まで理解できる幼児

読めるけど意味が分からなくて答えられない幼児

友達に合わせて手を挙げる幼児など

様々な姿が見られました。

 

文を読んで答えるのに必要なのは「語彙力」です。

語彙力をつけるのには、「読み聞かせ」「読書」「会話」が大切です。

 

テレビや動画を見ているだけでは身についていかないと言われています。

 

会話も、主語、述語を意識してすることです。

 

何気ない会話の積み重ねが、幼児の語彙力に大きく影響します。

 

 

ひまわり組は、年長のまつ組とたけ組の間にある「ボルダリング」と「ネット遊具」を使って遊びました。

 

ひまわり組の目の前には、1階から2階まで登れるネット遊具があります。

 

ネット遊具では、1階から登っていき2階に出るところが

少し高さがあり、年少の頃はうまく出られらに幼児が多くいました。

 

年中児になり、背が伸び、

ジャンプする力、自分の体を支える力がついてきたことで

スムーズに2階に出られるようになりました。

 

また、ボルダリングでは上部まで登ることを怖がる幼児がいましたが、

今では、「お~い!」と待っている幼児を呼んで楽しんでいます。

本日は、体調不良による欠席 4名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

食べること…(ゆり・ばら)

先日、南海放送様から、食についての塗り絵をいただきました。

 

塗り絵を始める前に、食事が体を作る上で、

どのような役割があるのか説明しました。

 

「体を作る食べ物」

「エネルギーになるもの」

「体の調子をよくするもの」など

様々な役割があります。

 

その後、塗り絵のメニューがどんな役割があり、

どのような食材が使われているかをみんなで考えました。

 

絵の中には、チーズハンバーグやいちごなど

幼児たちの大好きな食べ物もあり

「これたべたらせがのびるんだね」

「このメロンはオレンジ」

「ハンバーグはケチャップたくさん」と

友達と楽しそうに話しながら色塗りをしていました。

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 8名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

 

どうぶつえん遠足(年中)

今日は、年中児が『とべ動物園』に遠足に行ってきました。

 

11時になると、ライオンの赤ちゃん「ララ」と「イオ」が登場しました。

ライオンの赤ちゃんが、幼児たちの方をずっと見ていたので幼児たちは大喜び!

 

幼児たちは「お~い!」と手を振り続けていました。

 

今日は、象がいる前の広場でお弁当を食べました。

キリンや象が食事をしているところも見ることができました。

 

本日は、体調不良による欠席 6名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

思いやり(こすもす・すみれ)

こすもす組には、9月から新しいお友達が入園してきました。

 

とても明るく優しい幼児で、クラスのみんなと打ち解けて人気者です。

 

こすもす組の幼児は、新しいお友達が入園してくることを、とても楽しみにしていました。

 

当日は、部屋の入口で出迎えて

「こうやってするよ!」

「いっしょに、ごはんをたべよう!」と

教えてあげたり、誘ったりする姿が見られましたs。

 

新しい友達が入園したことで、

思いやりの気持ちが育っていることを感じることができました。

 

年少児は、運動会の団体競技で『ポール運び』をします。

 

大きなポールを二人で持って走り、次の人につないでいきます。

 

今日は、すみれ組の幼児が練習をしました。

 

「大きな棒」に興味津々だった幼児たち。

 

自分のクラスカラーの目印(ペンギン🐧)に向かって走り折り返してくること

前の人がスタートしたら座ったまま少しずつ移動すること

次の人に渡したら、すぐに移動することなど

気をつけることがたくさんあります。

 

ポールを持っている時には、一緒に走るお友達とスピードを合わせ

ポールを渡すときには、次に走る人が走りやすいように、すぐに移動し

ポールを受け取る時には、渡しやすいように手を広げて待っておく

 

相手のことを考えながらする競技でもあります。

 

「ワニさんのお口だよ!」と伝えると

早速両手を広げて確認し合う姿が見られました。

本日の欠席は、体調不良による欠席 1名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

目指せ一等賞(さくら・たけ・なでしこ)

年長児にとっての最後の運動会。

 

みんなで力を合わせてがんばろうと、心を一つにして練習にも取り組み

やる気に満ちあふれています。

 

さくら組とたけ組は、ボール運びの練習をしました。

 

ボール運びは、一等賞になるとトロフィー🏆がもらえることを練習前に伝えると

「まんなかさんのときにもらったよ」

「ほしい!」と練習に力が入っていました。

 

練習を始めると、次の人たちへの受け渡しが難しいようで

ボールが落ちて転がってしまったり

ゆっくり歩いたりする姿が見られ

見た目よりも難しかったようでした。

 

練習をしていくと、ペアの友達と走るスピードを合わせたり

慎重かつ速く運ぼうとする姿が見られました。

 

「ほんばんではかてるかな?」と運動会本番を心待ちにしているようでした。

 

友達と協力し、一人ひとりが力を発揮し、楽しめる運動会になればと思います。

 

なでしこ組の鍵盤ハーモニカの練習の様子です。

 

一学期は、CDの音楽に合わせて一つ一つの音を確認しなら練習を進めてきました。

 

二学期は、楽譜を見て弾く練習をしています。

 

「なつやすみに、おうちでれんしゅうしてきたかな?」と尋ねると

みんな元気よく手を上げて、練習してきたことをアピールしていました。

 

鍵盤ハーモニカで演奏する前に、まず楽譜を見て階名で歌い、リズムをとります。

今日は、「かえるのうた」と「きらきらぼし」の練習をしました。

 

毎日続けることで、少しずつ上手になっています。

 

「できることは面白い」というように、

上手く演奏できた時にはうれしいようで

「ドレミファミレド~♪」と口ずさみながら片づけをする姿も見られました。

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 1名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

できるかな?(まつ・もも・ばら・れんげ)

今日から9月のスタートです。

 

9月26日には、運動会があります。

 

年長児は、運動会で「組体操」を行います。

 

まつ組、もも組の幼児たちの練習の様子です。

 

笛の合図に合わせて、キビキビと行動しています。

 

夏休み中にも体操の練習をしていたようで、上達しています。

 

「運動会でどんなところを見てもらいたい?」と問いかけると

「たいそうをがんばっているところ!」

「しんけんなかお!」

「むずかしいわざ!」と答えてくれました。

 

 

ときには、うまくいかなくて涙が出たり

「やりたいないなぁ」と思ったりすることもあるかもしれません。

 

それでも「できるかな?」と自分に問いかけながら挑戦し

できたときには、「やった~」という表情をしています。

 

「ポーズを決めること」「素早く移動すること」を目標に、毎日、取り組んでいます。

 

「絶対できる!」を合言葉に、これからも練習を積み重ねていきます。

 

年少児にとっては、初めての夏休み。

「がんばりひょう」や「なつのアルバム」を見ると充実したお休みだったことが分かります。

 

れんげ組の体操練習の様子です。

 

「アザラシ」では、頭に足がつき

「開脚柔軟」では、膝を伸ばして、床に頭をつけられる幼児が増えていました。

また、「ブリッジ」では、多くの幼児が手足で体を支えて、頭があがるようになっていました。

 

夏休み前からの成長に驚きです!

夏休み中にも練習したことが、一目見てわかりました。

 

今日は、「壁逆立ち」と「カエルジャンプ」の練習をはじめました。

 

「じぶんでできるかな?」と問いかけると、

足で床を蹴り、自分の力で支えようと何回も何回も練習していました。

 

午後保育がはじまり、「読み」「ワーク」の時間も始まっています。

 

幼児たちも、園生活のリズムが戻ってきたように感じます。

 

椅子に座る時に大切なのが「姿勢」です。

 

「正しい姿勢ができるかな?」と問いかけ、ワークの時間が始まります。

声を掛ける前から、姿勢を意識している幼児も増えてきました。

 

また、「まいにちつづけるたいせつなこと」の一つに

「おおきなこえでへんじをする」があります。

 

 

問題が解けると、「はい!」と大きな返事を先生に返していました。

 

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 1名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

かけっこ(ゆり・たんぽぽ・すずらん)

8月最終日です。

 

夕方になると、虫の音が聞こえてきますが、日中は気温が高い日が続いています。

 

戸外での活動は短時間にして、時間が長くなりそうな時には、水筒を持って出て、

すぐにお茶を飲めるようにしています。

 

年中のゆり組の幼児は、かけっこ🏃をしました。

 

久しぶりに長い距離を走るので「最後まで走り切れるかな」と思っていましたが

最後まであきらめずに走り切っていました。

 

夏休みを経て、体も走りも成長したように感じました。

 

年少のたんぽぽ組、すずらん組の幼児も、かけっこをしました。

 

「いちについて、よ~い…………どん!」の合図でスタートします。

一緒に走るお友達に負けないよう、張り切って走っていました。

ゴールを目指して、腕をふり、思い切り走る姿が見られました。

 

運動会に向けて、「スタートラインに並ぶ」ことも意識しています。

 

「自分の前のお友達がスタートしたら、スタートラインに並ぶ」ことを伝えると、

すぐに並べる幼児もいました。

 

また、走り終わった後にはクラスの表示があるところに並びます。

誰の後ろに並ぶのか、少しずつ分かってきたようです。

 

迷っている幼児がいると

「こっちだよ!」と声をかけてあげる優しい幼児もいました。

 

「よ~い…」の時には、緊張している幼児の表情が

スタートの笛の合図を聞くと、笑顔でスタートしていきます。

 

運動会では、どんな走りを見せてくれるのか楽しみです。

 

 

今日の給食です。

上側が卵除去食、下側が通常食になります。

 

本日は、体調不良による欠席 7名でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆