秋の自然を使って

朝夕は気温が低くなってきました。

 

日中は、20℃を越える日も多く、イチョウの葉の色づきは

まだ先かなと感じています。

 

先日、テレビでは

最低気温が8℃を下回る日が続くと

イチョウの葉の色づきが進むと言っていました。

 

今週末辺りから、さらに気温が下がってきそうです。

イチョウの葉も次第に色づいてくるのではないでしょうか。

 

さて、年長児は、自分たちが持ってきた

木の葉、木の枝、木の実を使って制作をしています。

 

自然そのものを表現したり

動物を表現してしてみたり

自分なりに考えながら画用紙に

葉、枝、実を張り付けていました。

本日は

体調不良による欠席 6名

でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

祖父母参観日

今日は、年長児の「祖父母参観日」を行いました。

 

園では「参観日」や「自由参観日」も行っています。

しかし、通常の参観日はお父様、お母様がお越しになることもあり

参観を遠慮されるおじいちゃんおばあちゃんもいらっしゃるのではないかと思います。

 

「お父様、お母様に遠慮せず、お孫さんの園での様子を見てほしい」

その思いから、祖父母だけの参観日を行っています。

 

祖父母参観日は、幼児の様子を見ていただくだけでなく

幼児とかかわる時間を設けています。

 

おじいちゃん、おばあちゃんがお孫さんを見る目はとてもあたたかく感じました。

 

短い時間でしたが、お孫さんの幼稚園での様子を感じていただけたなら嬉しく思います。

本日は

体調不良による欠席 9名

インフルエンザによる欠席 1名

流行性耳下腺炎による欠席 1名

マイコプラズマ肺炎による欠席 1名

でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

応援の力

今週は、夏が再びやってきたかのような暑さが続いています。

 

年長児は、芝生の上で、リレーをしていました。

 

 

男女別に行ったのですが、見ている幼児は、自分たちのクラスを大きな声で応援していました。

 

走る距離が長くなってくると「しんどいな」「あきらめようかな」と思うことがあります。

「がんばれ!」の応援が周りから聞こえてくると

「よし、もう少しがんばってみよう」という力になります。

 

運動会でも、皆さんからの大きな声援が幼児たちの力になりますので、

よろしくお願いいたします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

リレーごっこ

運動会では、年長児が、男女別全員リレー

年中児、年少児が、選抜リレーを行います。

 

運動会の練習が進むにつれ

「リれーがしたい!」という声が幼児から聞かれるようになります。

 

年中児の中には、リレー選手へのあこがれを持つ幼児もいます。

「朝の時間」や「預かり保育の時間」に、幼児同士で、リレー遊びをする姿が見られます。

 

運動会で終わりにするのではなく、幼児たちが興味関心を持ち

自分たちで「やってみたい」と思い

実際にやってみることで、体の発達にもつながっていきます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます☆

運動会練習(年長、年少)

運動会まで、残り1週間となりました。

 

1学期に、少しずつ練習をしていましたが、

幼児たちがどれくらい覚えてくれているか…と心配なところもあります。

 

今日は、愛媛県総合運動公園体育館で、年少児、年長児が練習を行いました。

 

こちらは、年少児のダンスの様子です。

クラスごとに円になって踊ります。

幼児が手に持つ「ポンポン」はクラスカラーとなっています。

 

年長児の鼓隊の様子です。

鍵盤ハーモニカをの幼児にも、ちょっとした振り付けがあります。

そして、組体操。

整列の素早さはさすが年長児!と思わせてくれます。

組体操を締めくくる「一本橋」

クラスごとに一本橋を作ります!

   

最後までよんでいただき、ありがとうございます☆

お泊り保育(年長)

8月22日~23日に、年長児が野外活動センターにお泊り保育に行ってきました。

 

久しぶりの登園ということで、緊張している幼児もいましたが、

クラスの友達を見つけると、緊張がやわらいでいるようでした。

 

みんなが揃い、保護者のお見送りの中、出発しました。

最初の目的地は、「道後」です。

 

道後では、「商店街」と「道後公園」の2つに分かれての活動をしました。

 

商店街に向かったクラスは、まず、「からくり時計」の見学です。

時間になり、からくり時計が動き始めると

「わぁ~」と声が上がり、じっと見入っていました。

坊ちゃん列車が道後温泉駅に到着したところで、坊ちゃん列車を見ることもできました。

そして、商店街を歩いて、道後温泉本館を目指します。

道後温泉本館は工事中ですが、火の鳥を見ることができました。

また、「椿の湯」と「飛鳥の湯」の間にある広場で、噴水ショーがありました。

地面から、水が飛び出すたびに、声をあげていました。

道後公園では、おやつを食べた後、公園の遊具を使って遊びました。

 

道後の散策の後、野外活動センターに移動です。

まずは、宿泊する研修棟の中を見て回りました。

「どのへやでねるのかな?」と

部屋の入口に貼ってある用紙を見ながら

自分の名前を探していました。

 

次に、芝生広場に移動して、遊びました。

トンボやバッタ、カマキリなどを見つけて、男児は走り回っていました。

女児は、「四つ葉のクローバー」を探したり、木の実を拾ったり、追いかけっこをしたりしていました。

 

待ちに待った夕食です。

「きょうは、カレーよね」と道後散策の時から

あちこちから声が聞こえてきていました。

 

早めに昼食を食べたり、たくさん歩いたためか

「おなかすいた~」という幼児が多かったです。

 

今年はカレーをおかわりする幼児が多かったです。

がんばって、4杯食べた幼児もいました!

 

食事の後、クラスごとに男女に分かれて、お風呂に入りました。

みんなで入るお風呂は楽しかったようで、話も弾んでいました♪

 

お風呂の待ち時間には映写会を行いました。

話に合わせて、笑い声が絶えませんでした。

 

そして、いよいよ就寝の時間です。

就寝前に、紙芝居を見て、2階にあるベッドに移動しました。

 

ベッドに入ると、しばらくの間は、話し声が聞こえていました。

電気を消すと、次第に、話し声が小さくなり、寝息が聞こえてきました。

 

日付が変わる頃から、雨音が聞こえてきました。

2日目は、雨の中、スタートです。

予定の時間より早く目覚める幼児が多かったです。

屋外で体操をする予定でしたが、雨だったため、研修棟の中で体操をしました。

 

体操をして、食堂に移動です。

朝食は、おにぎり🍙、ウインナー、お味噌汁、バナナ、ヤクルトです。

夕食の時に比べると、ゆっくりと食べている幼児が多かったです。

 

朝食の後は、体育館に移動してゲームをしました。

 

「ねことねずみゲーム」、運動会で行う「ボール運び」「全員リレー」をしました。

 

ゲームで楽しんだ後、お部屋の片づけをして、野外活動センターを出発。

今朝は早起きだったためか、バスの中ではスヤスヤと寝息が聞こえ、とても静かでした。

幼稚園に到着し、お泊り保育も終わりの時です。

ご家族の顔を見つけると、ほっと表情になり、緊張した2日間だったんだなと感じました。

クラスの友達や先生と過ごした2日間はどうだったかな?

短い時間だったけど、ご家族の離れて過ごしたことで、少しお兄さん、お姉さんになれたかな?

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

アイススート(たけ)

年長のたけ組がアイススケートに行っていました。

 

先日よりも、たくさんの方が来られて滑っていました。

そんな中を物怖じすることなく、がんばって滑ることができました! 

  

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

アイススケート(もも)

年長児は、クラス毎にアイススケートを行います。

今日は、イヨテツスポーツセンターもも組がアイススケートに行ってきました。

 

今年度は、10月に招待をアイススケートを体験していたこともあり

リンクに入ってからもスムーズに立ち上がる幼児が多かったです。

 

終わる頃には「まだ滑りたい」という幼児もいました。

ご家庭でも、行ってみてくださいね!

  

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆

防災センター(さくら・うめ)

昨日に引き続き、今日は、さくら組、うめ組が防災センターに行って来ました。

 

防災センターでは実際に煙が出る部屋からの避難を行いました。

火災が起こった時に、煙が出ると、まず天井に上がっていくこと、

天井に当たった後には徐々に煙が下がってくること、

そして、80cmより下には煙が下がってこないので

下にしゃがんで進んでいくことを教えていただきました。

 

また、避難するときにハンカチがない時には

上着を使って口と鼻を押さえるとよいということでした。

いつも読んでいただき、ありがとございます☆

防災センター(まつ・たけ・もも)

年長児が、松山市防災センターに行ってきました。

防災センターでは、動画を見て、火事の恐ろしさについて学びました。

 

火事の原因として多いのは

・たばこの火の不始末

・ストーブからの引火

・料理からの引火

・寝たばこ

・火遊び

だということを教えていただきました。

続いて、消火体験を行いました。

火事を見つけたときには、ます「火事だ!」と大きな声で叫びます。

それから、近くの消火器を使って消火を行います。

実際に、画面に向かって、放水しての消火体験を行いました。

また、隣接している消防署の見学をさせていただきました。

いつも読んでいただき、ありがとうございます☆